2023CAC国際コンペから30名の日本人イラストレーターが、中国・超次元国際芸術巡回展に参加

2023年度のクリエーター発掘国際コンペ「CAC」で入選した30名の作品が、中国国際アート展「超次元国際芸術巡回展」に招待され、いよいよ2024/2/24(土)から中国7大都市を巡ります。

第一回目は2024/2/24(土)〜3/24(日)まで南通市富美帽飾博物館で開催されます。

この巡回展は、超次元をテーマにした革新的なアート展で、中国企業が後援する展示会で、超次元を芸術テーマとするものは中国史上初となります。

同展は、国際的なキュレーション活動をする中国で著名な文化学者、王超鷹氏をプロデューサーに迎え、中国人アーティストに加え、日本、アメリカ、フランス、韓国のアーティストによる200点以上のデジタルアート作品が展示されます。

同展の構成は、「調和」「美学」「未来」の3つの観点から成り、数千点の作品群の中から厳選されたものが展示されます。

二次元とメタバースの分野で活躍する中国内外のアーティストと、未来を見据えた、東洋の未来的ルネサンスを目指す全く新しいアートイノベーションとなります。

【巡回展の9個の見どころ】

1.超次元をテーマにした中国史上初の革新的なアート展

超次元的思考による時空を超えた「創造性」「古典絵画技法の油絵スタイル」「デジタルグラフィックス処理」「人工知能の再生介入」などの総合的なテクノロジーを重ね合わせ実現した展示となります。すべての作品はオンラインとオフラインを融合しNFTやRFIDなどのこれまでの暗号化方式を超えた作品の独自性と忠実性が再現されています。

2.作品紹介

グラフィック展示ホールに入ると、国際芸術のトップレベルを代表する立体アーティ ストの素晴らしい作品を鑑賞することができ、スタイル、テクニック、色彩、構成な どの表現が豊かであるだけでなく、創造プロセス、キャラクター設定、予測も含 まれています。デザインの背後にある内容は、膨大な数の立体アートのクリエイターや愛好家にとって貴重な学習の機会です。

3.無聊猿の2メートルを超えるオブジェを展示

展示会場となる白い階段の両側に高さ2メートルを超える無聊猿(ぶりょうさる)のオブジェ12体が展示。人気の無聊猿(ぶりょうさる)をこの規模の展示会で展示することは中国史上初となります。

このサルのアートは、NFTアートとして世界中の多くの著名人が集めており、先日、中国の元プロサッカー選手で俳優の范志毅(ファン・ジーイ)氏もチャリティーオークションで落札しています。

4.「超次元アート がわかる展覧会」~超次元を使って子どもた ちとコミュニケーションをとる~

今日の超次元アート時代の背景には、次元科学が量子研究に参入しています。メタバース時代の象徴となる超次元アートの理解は次世代の思考向上に不可欠です。

また、文化現象としての二次元芸術作品は、アニメーション愛好家や文化創造的企業 によって引き起こされる消費習慣となり、二次元、多次元、異次元の文化の普及を促進するだけでなく、主要な市場として発展しています。

ですが中国国内の多くの親は、二次 元の段階で誤解が原因で子供とのコミュニケーション上の衝突を何度も経験して います。本展覧会は、超次元を理解する構成となっており、世代を超えた精神的なコミ ュニケーションの溝を埋める手助けとなります

5.超次元の没入体験

数十台の高精細大型プロジェクターとデジタルセンシング技 術によって完成される超次元の臨場感体験空間は、予測不可能なダイナミックなデモンス トレーションにより、わずか数十秒でその世界を体験することができます。メタバースに入 り、無数の立体的なアート作品に囲まれた視覚的な饗宴をお楽しみください。

6 国際コンペ「2023CAC」授賞式

昨年から開催されていた「2023CAC]コンペティションがこのほど最終審査を終了し、授賞式はこの超 次元国際美術展の会期中に行われます。

日本からはイラストライター326(みつる)氏が特別審査員として参加します。観客と交流したり、サイン やコレクション性の高いギフトをプレゼントするなど、中国のの立体アート愛好家に注目されています。

336(みつる)プロフィール:https://the-selection.jp/yacac/author/326/

7.ゲームなどを体験できる物販コーナー

日本からは、Gakkenの「最強王図鑑」シリーズが中国初披露となります。また、先に述べたイラストライター326(みつる)氏がデザイン監修するカードゲーム『王様のビュッフェ』が遊べるコーナーも設置。巡回展示会期中限定で、「最強王図鑑フィギュア」シリーズと『王様のビュッフェ』が越境販売されます。

 

 

8.メタバース・ヒーリ ングミュージック

国境を超えた三人のミュージシャンによるメタバース・ヒーリングミュージックの共演。

●メタバース ミュージシャン :Shujing Yuanyin

●メタバース ミュージシャン: チャン イー

●五次元キーボード・マルチキーボードパフォーマー:薮井佑介

彼は、29の映画やテレビドラマの音楽とテーマソングの作曲家お よび編曲家として活動し、28枚のアルバムと 70 曲以上の ポップソングのプロデューサー、作曲家、編曲家として、 40以上の主要な国際イベントやソロコンサートで活動してきまし た。テレビのバラエティ番組、アカペラのライブコンサート、音楽テ レビ、権威あるコンテスト Jingwang ライブバンド編集者です。

2022年 ベストニューセールスアーティストプラチナ賞/ベスト パフォーマンスゴールド賞 受賞

2020年ベストホームプロデューサー賞 /2004年 ヤマハデュアルユニバー シティ 受賞

9.会場となる南通市富美帽飾博物館

会場となる南通市富美帽飾博物館は、Fumei Company が所有する文化、芸術、ビジネス 完璧に統合された博物館。Fumei Company の創設者である孫建華氏が長年にわたってさまざまな国を旅して集めた帽子、イヤーウォーマー、帽子などの 300 点以上のコレクションが展示されています。それぞれの帽子には、人類の長い歴史における過去の出来事や文化が記録されています。

超次元国際巡回展 第一回目

開催都市 南通 2024/2/24~2024/3/24

▼場所

 

2023CAC授賞式LIVE配信予定

2/24(土)15時より、CAC国際コンペの授賞式をインスタグラムでLIVE配信予定しています。(中国の配信状況により中止となる場合もございます)
本式典は、2023CAC実行委員の事務局を務める株式会社colors palette が運営するインスタグラム「食む好き」からLIVE配信を予定しております。

▼「食む好き」url

https://www.instagram.com/hamusuki_yac/

▼2023CAC国際コンペから参加する30名のイラストレーターのプロフィールはこちら

 

naoe

naoeTHE SELECTION 編集長

投稿者の過去記事

お洒落なライフスタイルをコンセプトに、自らが面白いと思えるものをお伝えしますね。職業は、ファッションデザイナー兼コーディネーション・クリエーター。趣味:旅行/映画鑑賞/外食

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ECグルメモール『食む好き』

DIY&リノベーション

お仕事マッチング

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 2003年の創業以来、「天井のないところすべて」をアウトドアと定義し、地球環境負荷の低減を推進する<…
  2. 東急不動産株式会社では、広域渋谷圏※1において、原宿・神宮前エリアを世界に向けた文化創造・発信拠点と…
  3. ⾸都圏を中⼼に、健康的な⾷材にこだわったイタリアン「TOSCANA」や「TOKYO MEAT酒場」な…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »