AFW2018awレポート「JOTARO SAITO」

2018-2019 JOTARO SAITO KIMONO STYLE COLLECTION

「MADOWASU 」まどわす

「MADOWASU」はその通り近年の伝統という常識をMADOWASUコト。来るべき「伝統がリロードされる瞬間」をイメージして「MADOWASU」コレクションを発表。

 

着物の可能性を広げるエキサイティングでエッジのきいたショーとなった。

デザイナー 斉藤上太郎
京都出身。祖父に染色作家の故斉藤才三郎、父に現代キモノ作家・斉藤三才を持ち、近代染色作家の礎を築いてきた家系に生まれる。27歳の最年少でキモノ作家としてデビュー以来、現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを追求。TVや雑誌などメディアにも頻繁に紹介され、日本を代表するキモノデザイナー、テキスタイルアーティストとして活躍中。「伝統の進化」「和を楽しむライフスタイル」を提唱し、プロダクトやインテリアの制作まで多方面に才能を発揮している。

公式HP:http://www.jotaro.net/

Photo by 内田寛崇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

日本発信Project for China

THE SELECTION GALLARY

勝手に広告コンテストVol2

オフィシャルムービー

日中親善美人大使コンテスト

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取り扱いブランド ヴーヴ・ク…
  2. クリスチャンルブタンにとって”目”は顔の中で最も表情豊かなパーツ。目を見れば女性のキャラクターやムー…
  3. 日本ロレアル株式会社(本社所在地:東京都新宿区西新宿)は、日本初となるイヴ・サンローラン・ボーテのメ…
PAGE TOP