日本酒造メーカー、紹興市主催の紹興黄酒祭・EXIPOに参加。日中友好の模様をレポート

先日、第25回紹興黄酒祭り・EXIPOが中国・紹興市で市が主催の元、開催されました。紹興市は人口約500万人の街で、紹興酒とシルクが特産品です。この紹興黄酒祭りは、街の三代祭りと言われており、毎年、多くの人が集まるようです。

この紹興黄酒祭りのEXIPOに、日本酒造メーカーも出展するということで、取材に行ってまいりました。

国際展示区の中にある日本酒ブース、大きくて立派です!

正面からすぐの位置で、紹興市の地元企業より大きな面積を用意されたことからも、紹興市からの歓迎ぶりがわかります。

出展は、日本酒・焼酎・泡盛や、日本酒造メーカーが作るビールや、ウィスキー、そして伝統工芸品も出展し、賑わいを見せました。

また、展示会の合間を縫って、日本酒造メーカーと紹興酒メーカーのマッチングも行われました。訪れた地元紹興酒メーカー「喜元泰」は、公園のような敷地の中に佇んでいて、やはり日本とはスケールが違うことを実感させられます。

さらに、紹興酒の大手メーカーの「会稽山(カイケイザン)」の社長も現れ、自社の紹興酒の試飲を進めています。日本酒造メーカーと、紹興酒メーカーの新規マッチング、成り立つか楽しみです。

お祭りとEXPOは11月8日〜10日の3日間開催され、毎夜、祝賀イベントも開かれました。

11月7日には、中国舞踊と音楽の盛大なレセプションパーティーも、開催されました。

そして、その翌日、8日の夜も盛大に会食会が開かれました。そこで目にしたのは、中国のバーコード事情。

 

商品バーコードを読み込むだけで、タオバオの商品画像に飛ぶので、検索いらずです。

日本企業と、中国企業の交流の食事会も開かれました。

中国企業から、日本酒造メーカーに代理店オファーもあるようで、日本酒が中国にもっと広がっていくと嬉しいですね。

 

今回のこのブースプロデュースは、伝統工芸士・文化研究者の王超鷹氏。ブース運営はPAOSE-NET上海。

THE SELECTIONが公式メディアを務める、CAC勝手に広告コンテスト・YACインフルエンサー発掘コンテストの中国パートナー企業の取り仕切りでした。

 

 

釜澤 直恵

釜澤 直恵THE SELECTION 編集長

投稿者の過去記事

お洒落なライフスタイルをコンセプトに、自らが面白いと思えるものをお伝えしますね。職業は、ファッションデザイナー兼コーディネーション・クリエーター。趣味:旅行/映画鑑賞/外食

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

TSM member

インフルエンサー発掘コンテスト

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

SHOPPING

参加可能なイベント情報

ビジネス・中国事情の今を知る

日本発信Project for China

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 上海南エリアで開発が進むデジタル都市『紫竹エリア』。深センに続いて、中国の上海エリアのシリコンバレー…
  2. ヴィヴィアン・ウエストウッドが期間限定でポップアップストアを銀座三越店、阪急梅田本店にオープンします…
  3. 国内ではじめての野外美術館として開館50周年をむかえた彫刻の森美術館( 神奈川県箱根町、館長 : 森…
PAGE TOP