2018 シャネル・ネクサス・ホールの幕開けは写真界の巨匠:フランク・ホーヴァットの回顧展!

シャネルの創始者:ガブリエル・シャネルの芸術に寄せる愛、そして才能あるアーティストの開花を支援する献身的な心を軸としている〈シャネル・ネクサス・ホール〉は、2018年度のスタートを飾る展覧会の第一弾として「フランク ホーヴァット写真展(Un moment d’une femme」を開催します。

  

===============

フランク ホーヴァット写真展

■ 開催期間

2018年1月17日(水)〜2月18日(日)

12:00〜20:00(入場無料・無休)

■ 会場

シャネル・ネクサス・ホール

(中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)

■ 主催

シャネル株式会社

===============

 

写真家フランク ホーヴァットは、1950年代からファッション写真の表現に新風を吹き込み、このジャンルの黄金期を担った写真家の1人。日本国内において、本格的な初個展となる今回の展覧会では、《女性》を切り口に後世に多大な影響を及ぼしてきた代表作や、ジャーナリスティックな初期作、私的なプロジェクト作品などが出展される見応えのある内容です。

ホーヴァットがフォトジャーナリズムに触発され、写真家として活動を開始した40年代当初、彼のそのアプローチは人間主義的な視点を踏襲するものでした。

パキスタンやインド、イギリスと世界中を渡り歩きながら、「パリ・マッチ」や「ピクチャー・ポスト」などの雑誌に寄稿し、1955年にはニューヨーク近代美術館で開催された伝説的な展覧会「ザ・ファミリー・オブ・マン(人間家族)」に選ばれた功績は、当時の傾向を示しています。

  

1954年、拠点をパリに落ち着かせたホーヴァットは、このファッションの都と、ファッションをまとう女性たちに魅了されます。ファッション関連の仕事に注力し、モデルたちの突発的な、もしくは一風変わった配置や、たまたま居合わせた人物を被写体として取り込むなど、ルポタージュ的感覚を取り入れた斬新な表現を探求しました。

また、女性を撮ることに虜となった彼の作品の主題は、衣服だけでなく、無防備でさりげない色気のある女性像へと向かっていくこととなりました。こうしてホーヴァットは、世界で最も影響力のあるファッション写真家の1人となったのです。その功績は近代発行の写真集『Frank Horvat:Please don’t smile』(Hatje Cantz刊 2015)に虚実に現れ見ることができます。

 

また一方で、ホーヴァットは私的な写真プロジェクトにも取り組み、人物や街、風景、彫刻をテーマに書籍を出版してきました。2013年には、彼の幅広い活動を網羅したレトロスペクティブ写真集『house with fifteen keys』(Terre Bleue 刊)を出版し、同名の回顧展を2014年、セラヴェッツァ(イタリア)、ニース(フランス)で、2015年にはベルリン(ドイツ)で開催しています。

フランク ホーヴァットは2018年に卒寿を迎えます。この展覧会を構成するのは、そんな時代を生き抜く偉大な写真家を象徴する有名なファッション写真だけではなく、過去も現在も彩りに溢れた彼の人生における、思い出深い瞬間を捉えた写真の数々であるのです。

この展覧会は2018年4月には、『KYOTOGRAPHE 京都国際写真祭』のプログラムとして、京都に巡回します。

 

     

前日は展覧会に先駆け、メディア向けのプレス発表会が行われました。

そこでは今回キュレーターとして多大なる活躍をされたインディア氏が、展覧会へかけた拘りと、成功を極めるまでの数々の過程、そして何よりフランク氏との和やかなやり取りやエピソードを熱く語ってくださいました。

 

本会場には壁に無数のスリットや空間が設けられていて、そこから垣間見れる背後の作品や溢れる光が印象的になっています。これは、単に「回顧展」といった作品の展示に終わるのではなく、『フランク ホーヴァット』という1人の人物の生き様を、自然にかつ複雑に醸し出す仕掛けであると言っていました。

この階層的空間を実際に体感すると共に、ぜひ自身の目で時代を生きたフランク ホーヴァットの作品を味わいに足を運んでみてください。

 

<フランク ホーヴァット> 写真家

1928年4月28日 オパティヤ(当時はイタリア領、現クロアチア領)生まれ、現在は生活と仕事の場をフランスに置く。50年代から80年代にかけて発表したファッション写真で最もよく知られるが、彼の写真作品にはフォトジャーナリズム、ポートレート、風景、自然、彫刻なども含まれる。広く旅をしてきたホーヴァットは、4つの言語を流暢に話し、執筆もする。80年代後半に写真家仲間(エドゥアール ブーバ、ロベール ドアノー、サラ ムーン、ドン マッカラン、ヘルムート ニュートン、マルク リブー ら)へのインタビューをまとめた重要な書籍を出版。90年代はじめにはデジタル写真を試した最初の人々の1人となる。2011年、彼が作成した最初のiPad用アプリケーション「Horvatland」をネット上に後悔。5 人の子供と10人の孫がいる。

 

===============

<シャネル・ネクサス・ホール>

シャネル・ネクサス・ホールは2004年12月シャネル銀座ビルディングのオープンとともに活動をスタートしました。以来、芸術を愛し、支援したガブリエル・シャネルの精神を受け継ぎ、若手音楽家によるコンサートや展覧会等、シャネルならではのユニークな企画を開催しています。

最新情報ならびに、過去のイベントに関する詳細は、ウェブサイトに掲載されています。

シャネル・ネクサス・ホール ウェブサイト

 

撮影:KAZUYA

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

THE SELECTION GALLARY

勝手に広告コンテストVol2

オフィシャルムービー

日中親善美人大使コンテスト

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. こちらは、第三シード親善美人大使コンテストの事前投票サイトになります。投票時期は4/6~4/16…
  2. 昨年からスタートし、既に2回開催された日中親善美人大使コンテ…
  3. 前代未聞のプロジェクトの背景には、“日本の米作り、日本の農業を変えたい”という両社の熱い志がありまし…
PAGE TOP