市川孝典の個展「DELUSIONAL murmur (#003)」を開催!!

Gallery COMMONは、2024年2月10日から3月10日まで、市川孝典の個展「DELUSIONAL murmur (#003)」を開催します。

「DELUSIONAL murmur (#003)」では、線香を用いて日常の記憶を紙に焼き付ける「Scorch Paintings (線香画)」シリーズや、マスメディアとソーシャルメディア文化の中での記憶と疎外感が映し出された「Scrape Works」シリーズの作品を展示し、記憶、 儚さ、人との繋がりが織りなす複雑さを飽くなく探求してきた市川氏の実践を紹介します。

市川氏のアートの冒険は、波乱万丈な思春期の中で安定を見出そうとする試みから始まりました。 日本、アメリカ、ヨーロッパと移り住み、刻々と変化する環境の中で日常の記録をメモや落書きに記し始めます。習慣はやがて強迫的な欲求へと変化し、市川氏は自分の記憶を正確に描写することのできる完璧な素材と方法を探求し始めます。その果てしない実験から、今回展示される2つのシリーズ、「Scorch Paintings (線香画)」と「Scrape Works」の技法が発見されました。

市川氏の制作プロセスは、物理的にも時間的にも丹念に対象(モチーフ)や素材と向き合うことで成り立っています。「Scorch Paintings (線香画)」では、火のついた線香で和紙に焦げ跡をつけていきます。 しかし、実作業に入る前に、市川氏は丁寧に時間をかけて頭の中で完全なイメージを作り上げてから、 イメージを描き始めます。「Scrape Works」でも、和紙にインクや水彩絵の具、アクリル絵具やパステルを重ねるという工程を経て、最後にその色の積層を削り落とすことで下層のイメージを浮かび上がらせるという重層的なプロセスを取っています。

こうしたプロセスによって生み出されたイメージは、苦悩に満ち、また少し暴力的でさえもある市川の制作を反映しており、そうした姿勢それ自体が市川の根底にあるコンセプトでもあります。 自身の制作を「不安を安心に変える作業」と表現する市川は、何気ない日常の記憶が忘却することへの恐怖に対する不安を安心に変えていくために、記憶を作品にしてストックしていくサイクルを繰り返しているのです。

市川氏の作品には、私たちの人間的経験を形づくっている、もろく、儚い瞬間をとらえたいという市川氏の願いが映し出されています。市川氏は、市川にしかアクセスのできない主観的な過去を物理的に記録していくことで、自身の一部を世界に投影し、そのプロセスによって世界と自分を一体化させているのです。

展覧会の詳細は下記、ウェブサイトをご覧ください。https://www.gallerycommon.com/ja/exhibitions/delusional-murmur-003-kosuke-ichikawa

Exhibition Preview

Artist Profile

市川孝典 / Kosuke Ichikawa

主に紙を素材とし、メディウムとイメージ、実験的な技法を駆使して記憶の脆さと儚さを浮き彫りに ることで、移り行く世界の中で存在することの不安の表現を探求している。
13歳のとき、ニューヨー クに移住し、アメリカやヨーロッパを旅し、さまざまな建築、音楽、美術に出会ったことが、アーティ スト・画家として独立するきっかけとなった。帰国後も素材の研究と実験を続け、市川の代表作のひ とつ、線香で和紙を焦がしてイメージを描く「Scorch Paintings (線香画)」シリーズを発表。ソー シャルメディアの画像を模した「Scrape Works」シリーズでは、同様のコンセプトから派生しつ つも、絵の具を使い、レイヤー/スクレイピングのプロセスを用いることで、抽象的で掴みどころの ない記憶の本質を素材を通して表現する方法を探求し続けている。
最近の展覧会は、VINTAGE BROWN(PURPLE、京都、2023年)、murmu(r A/D Gallery、東京、2022年)、TV(NADiff Gallery、東京、2022年)など。

WEB | Instagram

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ECグルメモール『食む好き』

DIY&リノベーション

お仕事マッチング

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 2024年7月12日 - シックでミニマルなデザインで世界的に有名なパリのファッションブランドA.P…
  2. ホテルニューオータニ(東京)では、都内シティホテル最大級の規模を誇るアウトドアプール「GARDEN …
  3. 株式会社マイナビを実行委員会の主幹事とした、今年初開催となる現代アートフェスティバル「Art Squ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »