Goldwinが送る光電子繊維を使用した機能ウェア 室内でも運動中でも理想的な保温力を!!

着る人自身の体温=遠赤外線の効果で保温する、高機能素材「光電子®」。ゴールドウインでは、その光電子®繊維をウエアに使用したアイテムRe−Poseシリーズと光電子ウォームシリーズの新作を発売します。

人間はさまざまな環境の変化に身体を順応させ、体温を一定に保ちながら生きています。では、仮に体温が一度下がるとすると、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか。大阪府立大学名誉教授で医学博士の清水教永氏は次のように話します。「体温は免疫力と酵素の働きに深く関係しています。もし深部体温が1°C下がるとミトコンドリアへの酸素供給が上手くいかず、免疫力は約37%低下。また体内には消化系酵素と代謝系酵素が合わせて3000種ほど存在し、生命を維持するために働いていますが、その働きが半分まで鈍ってしまうのです。」

体温に近い温度をキープするという心地よさ

体温に近いあたたかさでリラックス。日常生活を快適に。

平熱が低い状態である「低体温」は、精神的なやすらぎが得られにくく、身体にも疲れが残りやすくなるというデータもあります。寒さ厳しい冬だけではなく、寝苦しくてクーラーを強くしがちな夏でも、寝ているときに身体に冷えを感じて十分に休まらなかったと感じた経験がある人も多いでしょう。日常生活でリラックスして快適に過ごすために体温は非常に重要なキーワードなのです。

Re-Pose Brushed Back Sweat

光電子と起毛生地の保温力で寒い日も快適な暖かさメイン素材として、オーガニックのラフィコットンを採用。糸を製造する工程で出る落ちわたを再利用したエコ素材で、独特のムラのある風合いも魅力です。消臭機能を備えたマキシフレッシュもプラスすることで、汗によるイヤなにおいの発生を軽減しています。目の詰まった中厚生地を裏起毛にすることで肌触りをよくし、保温性も高めています。ややゆったりとしたシルエットです。

Fabric:<身生地>綿82%、ポリエステル13%、再生繊維(マキシフレッシュ)5% <リブ部>綿92%、ポリエステル8% <背当て部分>再生繊維(セルロース)70%、綿30%

原産国:日本

Size:XS、S、M、L、XL

Color:ミックスグレー、インクブラック

Re-Pose Brushed Back Sweatshirt
GC42303 ¥19,800

Re-Pose Brushed BackSweatpants
GC42354 ¥19,800

KodenshiWarm

適度な着圧で筋肉のブレを抑え運動パフォーマンスアップ独自の着圧設計により、運動時の筋肉のブレを抑えます。ブレを抑えることによりパワーロスを緩和し、運動パフォーマンスを向上します。⻑時間負担がかかる運動にも、瞬発力を要する運動にも効果的。また、締め付けすぎない適度な着圧があるだけでなく、動きやすさなど運動時の快適性を考慮してつくられています。着圧設計により、上半身の関節や筋肉の余分なブレを抑制してくれるハイネック&ロングスリーブタイプ。シルエットは、日本人の平均的な体型をもとにフィット感を追求。防寒の側面でも、光電子®による保温効果、そして冬の運動時に大敵の汗冷え対策として有効な、吸汗速乾の素材を採用しています。動きを妨げにくいストレッチ、UVも備え、スノースポーツやランニング、ワークウエアのアンダーなど冬のアクティブなシーンに活用できます。

Fabric:ナイロン85%、ポリウレタン15%

原産国:日本

Size:S、M、L、XL

Color:ブラック、エクリプスネイビー

KodenshiWarm High Neck Long Sleeve
GC62302 ¥14,300

KodenshiWarm High Neck Long Sleeve
GC62302 ¥14,300

Goldwin WEB

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

占い

ECグルメモール『食む好き』

2022YACコンテンツアワード

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

TSM member

ビジネス・中国事情の今を知る

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. “手の届く高級感”をコンセプトにした飲食店を展開する株式会社Human Qreateは2023年2月…
  2. 今月の12星座をお洒落なイラストと合わせて無料でお届け♪  2月の運気を好転させる、運気アップの香り…
  3. 大阪・堂島浜に位置するZentis Osakaは、2023年2月1日(水)~2月28日(火)に英国の…
PAGE TOP
Translate »