焼き⽴てカヌレ専⾨店「KURAMAE CANNELE」、春限定の新メニュー『グランカヌレ&ピスタチオのモンブラン』を販売開始!!

CLASSIC INC.が運営する焼き⽴てカヌレ専⾨店「KURAMAE CANNELE (クラマエ カヌレ) 」は2階カフェスペースで提供するスイーツプレートの春の新メニューとして、ピスタチオと桜の⾹りをテーマにした『グランカヌレ&ピスタチオのモンブラン 桜ムース・苺のコンフィチュール・桜葉メレンゲ』を、期間限定で販売開始しました。

焼き⽴てカヌレ専⾨店「KURAMAE CANNELE」は2023年1⽉にオープン。1階は併設⼯房で焼き上げた焼き⽴てのカヌレ「クラマエ・カヌレ」を販売するテイクアウトカウンター、2階は当店でしか味わえない”カヌレ専⽤卵”を使⽤したプレミアムカヌレ「グランカヌレ」のスイーツプレートを提供するカフェ「KURAMAE CANNELE CAFE」を展開しています。
オープン当初からSNS等で話題を呼び、カヌレのテイクアウト販売は10分で完売、カフェは最⼤3時間待ちの盛況で、蔵前の新スポットとして注されています。
季節限定!春の芽吹きと素材の⾹りがコンセプトの新メニュー
「KURAMAE CANNELE CAFE」では2023年春のスイーツプレートとして『グランカヌレ&ピスタチオのモンブラン 桜ムース・苺のコンフィチュール・桜葉メレンゲ』を、4⽉下旬までの期間限定で販売します。

”春の芽吹き”をコンセプトに、新緑と枝葉を表現したプレートは、アーモンドパウダーを混ぜた⽣地 (クレームダマンド) の上に桜のムースを重ね、スペイン産ピスタチオペーストを合わせた⾃家製モンブランクリームで包み込んだ⼀⽫。
春らしい桜の⾹りと濃厚なピスタチオの⾹ばしさに、桜のムースの間に重なる⽢酸っぱい苺のコンフィチュールが軽やかな⼝当たりを演出し、飽きのこないまとまりのあるプレートに仕上がりました。
また、スティック状にした桜の葉パウダーを練り込んだメレンゲを添え、滑らかな⼝当たりのモンブランにサクサクとした⾷感をアクセントに。桜の開花とともに暖かくなるこれからの季節に、ピッタリのプレートをぜひ「KURAMAE CANNELE CAFE」にてご堪能ください。

さっそく「KURAMAE CANNELE」にお伺いして、春限定の新メニュー『グランカヌレ&ピスタチオのモンブラン』を頂きました。

濃厚なピスタチオのクリームを堪能してから、桜のムースと⽢酸っぱい苺のコンフィチュールと合わせることで、最後まで飽きることなく春らしさを楽しむことができました。紅茶との相性も抜群です。春を感じる「KURAMAE CANNELE」の新メニューをぜひご賞味ください。

・販売概要

【販売メニュー】
・グランカヌレ&ピスタチオのモンブラン 桜ムース・苺のコンフィチュール・桜葉メレンゲ

スペイン産ピスタチオペーストと⾃家製クレーム・パティシエールを合わせたモンブランクリームは、卵とバニラの⾵味の中にピスタチオの豊かな⾹りが感じられます。桜のムースと苺を煮詰めたクーリを重ね層にした⼟台と、桜の葉パウダーを練り込んだメレンゲスティックを添え、春らしい⾹りと春の芽吹きをイメージした⼀⽫に仕上げました。
【販売価格】
1,780円 (税込)
【販売開始⽇】
2023年3⽉17⽇(⾦) 〜 4⽉下旬


【店舗概要】
KURAMAE CANNELE / KURAMAE CANNELE CAFE
所在地 : 〒111-0051 東京都台東区蔵前2丁⽬1-23
営業時間 : 1階 11:00〜19:00 / 2階 11:00〜18:00 (L.O.17:00)
定休⽇:⽉曜定休
1階 : テイクアウトのみ / 2階カフェ席数:30席
https://www.kuramae-cannele.jp
※新メニューは KURAMAE CANNELE CAFE限定のメニューです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

占い

クリエーター発掘コンテスト

ECグルメモール『食む好き』

2022YACコンテンツアワード

オフィシャルムービー

TSM member

ビジネス・中国事情の今を知る

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. この度、英国発祥のアウトドアブランドkarrimor (カリマー)は、2024春夏コレクションにて、…
  2. 英国発祥のアウトドアブランドkarrimor (カリマー)は、2024春夏コレクションにて、PERT…
  3. シャネル銀座ビルディング屋上にあるルーフトップテラス「LE JARDIN DE TWEED(ル・ジャ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »