「酒づくりの神様」の異名を持つ杜氏 農口尚彦(85) 自身の名を冠したLIMITED EDITIONの発売を開始!!

株式会社 農口尚彦研究所(石川県小松市、代表取締役社長:朝野 勇次郎)は2017年11月に石川県小松市観音下町に新酒蔵「農口尚彦研究所」を開業し、初年度のお酒に続きこの秋、 待望の2018年度の酒造りが始まりました。


杜氏、農口尚彦(85) 復活初年ヴィンテージ 限定シリーズ第一弾 LIMITED EDITION NOGUCHI NAOHIKO 01 VINTAGE 2017
2017年 復活初年ヴィンテージ 限定シリーズ第一弾
70年に及ぶ酒造り技術の追求により「酒造りの神様」の異名を与えられた農口尚彦氏。その巨匠が完全復活を果たし、 初年度に醸した2017ヴィンテージ。その中で最高のロットを農口氏自からが選りすぐり、約1年間に渡り徹底的に熟成管 理を行った限定シリーズの第一弾です。石川県を代表する美術家 大樋年雄氏がデザインしたオリジナルボトルに詰められ、 12月に限定リリースされます。


LIMITED EDITION
NOGUCHI NAOHIKO 01 VINTAGE 2017
発売:2018年12月25日発売予定 販売価格:¥35,000(税抜) ※化粧箱入り
●デザイン・コンセプト
農口氏の70年にわたる経験から精魂込めて造り出された酒を「歪な曲線」左右非対称であるボトルとして、同研 究所のアート・ディレクターを務める大樋年雄氏が敬愛を込めてデザインした。大樋氏は、金沢で350年の歴史を 誇る大樋焼 十一代 大樋長左衛門としても活動しており、工藝の手づくり感覚のプロダクト化を実現させた。
●杜氏 農口尚彦の仕事
米の旨味を感じ、美しい余韻とともに消えていく、キレの良い日本酒を目標として、日々酒づくりを行っています。 2019年5月まで7種をリリース予定。 今期からは、より食との繋がりを強化していくため、全国のファインダイニングとの連携を強化。 年末年始、ホームパーティや季節の贈り物に農口尚彦研究所のお酒をお愉しみください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

勝手に広告コンテストVOL3

日中YAインフルエンサーコンテスト

THE SELECTION GALLARY

オフィシャルムービー

日本発信Project for China

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. モータースポーツF1公式シャンパーニュ「CARBON」の日本正規代理店であるマーカムインターナショナ…
  2. 1843年よりスコットランドのハイランド地方で丁寧に造られてきたシングルモルト・ウイスキー「グレンモ…
  3. アート写真をより多くの人に楽しんでもらうために、手ごろな価格で提供すYellowKorner(イエロ…
PAGE TOP