【メズム東京】から『ロミオとジュリエット』がテーマのランチ&ディナープログラムを販売開始!!

東京の“今”の躍動感や波長と共鳴し、五感を魅了する数々のこだわりでお客さまをお迎えするホテル『メズム東京、オートグラフ コレクション』は、14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台とした、イングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる傑作戯曲『Romeo and Juliet(邦題:ロミオとジュリエット)』のストーリーを表現したランチおよびディナープログラムを、ホテル16階のフレンチレストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」にて、2022年10月17日(月)~2023年2月28日(火)の期間限定にて提供します。

『Romeo and Juliet』ランチ&ディナープログラム

ビストロノミースタイルのフレンチを、オープンキッチンのライブ感とともに楽しむ「シェフズ・シアター」。“シェフの劇場”という名の通り、まるで舞台を観劇するように、ストーリーとともに紡がれる美食体験を五感すべてで堪能いただくレストランです。今回の『Romeo and Juliet(邦題:ロミオとジュリエット)』を基にしたランチ&ディナープログラムでは、物語の前半をランチで、後半をディナーで表現し、ランチとディナーを合わせると一つの物語が完成する構成です。

ランチプログラムでは、失恋したばかりのロミオが仇敵の家の一人娘ジュリエットと運命的な出逢いをし、永遠の愛を誓い合った二人が密かに結婚式を挙げる場面までを、そしてディナープログラムでは、不運な決闘の末にロミオが町を追放される前夜、ついに初夜を迎えるも二人が辿った儚く悲劇的な運命の結末までを再現しています。旬の食材とフランス料理の繊細な技で、作中のロミオとジュリエットの揺れ動く心情や象徴的な台詞、二人を取り巻く情景を再現したお料理の数々、そして物語をテーマにした音楽と共に、永遠の愛の物語をご堪能ください。

※食材は入荷の状況や季節によって変わります。
※料理写真はイメージです。

・ランチプログラム

≪アミューズブッシュ: Sad Hours.≫

【物語のシーン】
イタリアの都市ヴェローナの街で力を持つ名家、キャピュレット家とモンタギュー家は、代々対立し合い、事あるごとに争いごとを起こしていました。見かねたヴェローナの太守が「今後このような街の平和を乱す騒ぎを起こしたら死罪を申し渡す」と宣言するほどに。そんなモンタギュー家の一人息子ロミオは、両家の対立ではなく、なかなか振り向いてくれないロザラインへの熱い片想いで頭がいっぱいでした。

【料理】
ロミオの甘酸っぱい初恋を表現した一皿。甘みのあるピンク色のビーツムースと、周囲に添えられた酸味のきいたトマトのクーリ、中に隠れた鶏のゼリー寄せを一度に味わうことで、まさになかなか成熟しない初恋の甘酸っぱさを口いっぱいに感じることができます。

川俣シャモ / ビーツ / トマト

≪前菜: Only Love, Only Hate.≫

【物語のシーン】
苦しい片想いにやつれ果てていたロミオは、従兄弟のベンヴォーリオに誘われ、親友のマキューシオらとともにキャピュレット家で開かれる仮面舞踏会に忍び込みます。そこでロミオは、舞踏会に参加する人々の中で一際目立つ、宝石のように美しい少女と出逢います。あれほど恋焦がれていたロザラインへの想いは消えうせ、ただその少女への恋心がロミオの心を占めたのでした。

【料理】
ロミオとジュリエットが仮面舞踏会で出逢い、まだお互いの素性がヴェールに包まれたような状況をイメージした一品です。新鮮な真鯛のマリネと鮮やかな季節の野菜で華やかな仮面舞踏会の様子を表現しました。

鯛 / マスカット / 香草

 ≪選べるメイン(魚料理): O… Romeo, Romeo!≫

【物語のシーン】
仮面舞踏会にて運命的な出逢いをし、瞬く間に恋に落ちたロミオとジュリエットは、乳母を通して、お互いが仇敵同士の両家のたった一人の跡取りであることを知ります。ジュリエットはそんな自身の運命を憂いながら、バルコニーで一人、月あかりの下でロミオへの愛を語り始めました。「おお、ロミオ、あなたはどうしてロミオなの?その家名を捨てて、私を愛すると宣言して」。

【料理】
季節の野菜とズッキーニのピューレでバルコニーに絡まるツタを、ふっくらと焼き上げたホウボウに季節のフルーツやヘーゼルナッツを添えてジュリエットが佇むバルコニーを、ニンジンと黄ピーマンをベースとし優しい味わいに仕上げたソースで月あかりを表現し、「おお、ロミオ」の名台詞で知られる、ジュリエットがロミオへの愛を語るシーンを再現しました。

本日のお魚 / ニンジン / 海藻

≪選べるメイン(肉料理): What’s in a Name?≫

【物語のシーン】
舞踏会がお開きになっても、ジュリエットへの恋心が冷めないロミオは、もう一度彼女に会いたいとこっそりキャピュレット家の庭園に隠れていました。そうとは知らず、バルコニーに現れて恋の秘密を呟き始めたジュリエット。「名前というものにどんな意味があるの?私たちがバラと呼ぶあの花は、他のどんな名前で呼んでも甘く香るものよ」。思いがけない愛の告白に居ても立っても居られなくなったロミオは、たまらずジュリエットの前に飛び出しました。そして一気に想いが通じ合った二人は、揺るぎない真の愛を求め合うのでした。

【料理】
魚料理と同じ場面で、ジュリエットがロミオへの想いをバラの花に例えて語る台詞から着想を得て、甘酸っぱくキャラメリゼしたアンディーブで表現したバラの花が目を引く一皿です。メインの仔羊肉は、中にアンチョビとオリーブを詰めてローストし、フォンドヴォーをベースとしたソースで深みのある味わいが楽しめます。

仔羊 / アンディーブ / ズッキーニ

≪デザート: Love-Devouring Death.≫

【物語のシーン】
翌朝ロミオは修道士ロレンスを訪ね、ジュリエットと真の愛を誓うため、神様の前で結婚式を挙げることを望みました。修道士ロレンスは、二人の結婚が長く対立していた両家が和解するきっかけになるかもしれないと思い、二人に協力することにしました。ロミオからの伝言を聞いてジュリエットも駆けつけ、その日のうちに教会で結婚の誓いを交わし、晴れて二人は結ばれるのでした。

【料理】
ローズマリー香る純白のメレンゲや可愛らしい装飾で表現された教会の可憐な見た目からは想像しがたい、白胡麻のパルフェや、ヨーグルトとローズマリーのムース、毒々とした色味のカシスマーマレードなど意外な味の組み合わせが堪能できる一皿です。結ばれた二人を思わせる幸せな雰囲気の中でも、彼らを待ち受ける運命を予感させるような複雑な味わいに仕上げました。

白胡麻 / カシス / ローズマリー

・ディナープログラム

≪アミューズブッシュ: Fortune’s Fool!≫

【物語のシーン】
式を終えたロミオは、彼の親友マキューシオとジュリエットの従兄弟ティボルトが一触即発の状態となっているところに出くわします。ロミオの仲裁も虚しく二人は斬り合いを始め、ティボルトがロミオの腕越しにマキューシオを刺し、そのまま息絶えてしまいました。親友の死と自責の念から自制心を失ったロミオは怒りに任せてティボルトを殺してしまいます。騒ぎを聞いて駆けつけた太守にヴェローナからの追放を言い渡されたロミオは、自身の愚行を嘆きます。

【料理】
モンタギュー家とキャピュレット家の抗争の場面を描いた、刺激的な見た目の一皿。軽くスモークしたサーモンや、トマトラディッシュのマリネ、赤ピーマンのムースをトマトの寒天シートで包み込み、周りにはトマトと赤ピーマンのガスパチョ風ソースを散りばめました。様々な食感と味わいが絶妙に混ざり合う食材のマリアージュで、憎しみ合う両家と逃れられない不運を表しています。

トラウトサーモン / 赤ピーマン / ひじき

≪前菜: It was the Nightingale.≫

【物語のシーン】
ロミオが従兄弟のティボルトを殺してしまったことを乳母から聞いたジュリエットは衝撃を受け、ロミオがヴェローナから追放されてしまうことを嘆き悲しみました。修道士ロレンスのなだめでようやく落ち着きを取り戻したロミオは、その晩ジュリエットの元を訪れます。そして、二人の束の間の幸せな時の終わりを告げるように、朝もやの中でナイチンゲールの鳴き声が響き渡りました。

【料理】
プリプリ食感のエビと魚のすり身のパイ包み焼きの温かくほっこりとする味わいが、二人の束の間の幸せな時間を思わせます。卵黄と澄ましバターを使ったサバイヨンソースは、ノイリー酒の香りをきかせふわふわと軽い口当たりに仕上げています。付け合わせの野菜にはホワイトバルサミコの球体を散りばめ、朝露を表現しました。最後に、朝もやを連想させる、爽やかに香りづけしたスモークの演出とともに提供いたします。

車海老 / シトラス / 季節野菜

≪魚料理: Tell not me of Fear!≫

【物語のシーン】
亡命先のマンチュアへ旅立ったロミオを名残惜しんでいたジュリエットは、自身とパリス伯爵との婚礼が三日後に決まったことを告げられます。パリス伯爵と結婚するくらいなら死を選ぶというジュリエットの固い決意を聞いた修道士ロレンスは、究極の手段である42時間仮死状態になる薬を飲み、目覚めたらロミオとともに亡命することを提案しました。

【料理】
低温で調理し中はしっとりと仕上げたタラと、立体的に盛り付けた季節野菜、十字架を模った装飾で、ジュリエットが助けを求めて訪れた教会を表現。出汁のきいた濃厚な甲殻類のソースに浮かべた緑のセロリオイルで、修道士ロレンスがジュリエットに提案した42時間仮死状態になる薬とその愛ゆえの危険な賭けを再現しました。

本日のお魚 / 甲殻類 / 根セロリ

≪肉料理: I Defy You, Stars!≫

【物語のシーン】
ジュリエットの葬儀の様子を目撃したロミオの従者バルサザーは驚いてロミオの元へ飛んで行き、ジュリエットの死を伝えました。修道士ロレンスが送った真相を伝える手紙は届いておらず、何も知らないロミオは本当にジュリエットが死んだと思い込んでしまいました。あまりの運命に絶望したロミオは、飲めばたちまち死に至る毒薬を買い、キャピュレット家の霊廟へと急ぎました。

【料理】
本当にジュリエットが死んでしまったと思い込み、絶望的な運命を夜空に向かって嘆くシーンを、まるで天体のように盛り付けられた一皿で表現しました。メインは肉厚で柔らかく仕上げた国産牛ロースのロースト。円形の季節野菜で夜空に浮かぶ天体を再現しています。仔牛の出汁をベースとしたジュ・ド・ヴィアンドはもちろん、銀河を表現した白い根菜系のガルニチュールや塩も、メインとの相性が抜群です。

国産牛 / 根菜 / 黒ニンニク

≪デザート: Here’s to My Love.≫

【物語のシーン】
せめてジュリエットの側で死にたいと願うロミオは、キャピュレット家の霊廟に忍び込み、ジュリエットの側で毒薬を飲み干します。ほどなく仮死状態から目覚めたジュリエットは、隣で息絶えたばかりのロミオを見つけ、ひどく嘆きます。そのままジュリエットは短剣で自身の胸を突き、ロミオの後を追います。こうして、二人の愛は死によって永遠となるのでした。この若い二人の死に心を痛めた両家は自分たちの愚かさを知り、ようやく和解の道へ歩みを進めたのでした。

【料理】
洋梨とウィスキークリームの複雑で大人な味わいのチョコレートケーキと、炭で色付けした濃厚なジェラートで、ロミオとジュリエットが共に最期を遂げる墓所を表現しました。甘いスイーツとの対比になるような、塩味のきいたクロレラソースの独特な色味と不思議な味わいが印象的。逃れられない宿命に翻弄された若い二人の純朴さと悲恋、永遠のテーマである「愛」と「死」を描いた最高傑作の余韻に浸る一皿です。

洋梨 / ウィスキー / チョコレート

一足お先に、『メズム東京 オートグラフコレクション』の16階にある「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」にて、【ロミオとジュリエット】のストーリーを表現したランチを頂いてきました。

こちらのコースは、14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台とした、イングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる傑作戯曲である【ロミオとジュリエット】のストーリーを基に、ランチでは物語の前半を、ディナーでは物語の後半を、ストーリーと共に紡がれる美食体験を五感全てで体感することが出来るコースです。

〜Lunch〜
失恋したばかりのロミオが仇敵の家の一人娘ジュリエットと運命的な出会いをして、永遠の愛を誓い合ったふたりが密かに結婚式をあげる場面までを再現したランチ。

・アミューズ : 「Sad Hours.」
こちらは、ロミオの甘酸っぱい初恋を表現した1皿。
ロザラインへの熱い片想いで頭がいっぱいの恋心をモチーフに、甘みのあるピンク色のピーツムースによって見た目は恋心を、酸味の効いたトマトのクーリによって甘酸っぱい初恋を美しく再現。一口食べた瞬間に口の中に広がる酸味が、昔の初恋を連想させてくれる逸品でした。

・前菜 : 「Only Love. Only Hate.」
仮面舞踏会で初めてジュリエットと出会い恋に落ちるロミオの大切な出会いのシーンを描いたこちらの1皿。
お互いの素性がヴェールに包まれたような状況をイメージし、マスカットで香り付けされた春巻きが華やかなパーティーを表現した新鮮な真鯛のマリネと鮮やかな季節の野菜を隠すという、何とも深く計算し尽くされた逸品。
マスクをイメージした春巻きをパリパリと割っていくと、見えてくる鮮やかな野菜たちは食感もひとつのアクセントになっており、仮面舞踏会での出会いをイメージして楽しむことができました。

・メイン(魚料理) : 「O…Romeo, Romeo!」 ※今回頂いたのは魚料理で肉料理の選択も可能
運命的な恋に落ちたにもかかわらず、お互い仇敵同士の両家のたった1人の跡取りであることを嘆き悲しむジュリエットが名台詞である「おお、ロミオ」と愛を語るシーンを表現した1皿。
季節の野菜とズッキーニのピューレは絡まるツタを、ふっくらと焼き上げたホウボウに季節のフルーツやヘーゼルを添えてバルコニーを、人参と黄ピーマンのソースで月明かりを表現。お皿を覗き込むと名場面を視覚的に体感できる事に感激しました。物語を思い出すことで、自然と思い起こされる情景が目の前のお皿の中にあるという、なんとも不思議で幸せな時間でした。

・デザート : 「Love-Devouring Death.」
真の愛を誓うため、神様の前で結婚式を挙げ、晴れて2人が結ばれるシーンを表現したデザート。
キャラメルによって描かれた十字架と教会に見立てられた、中にある白胡麻のパフェやヨーグルトとローズマリーのムースを隠すように立てかけられた純白のメレンゲに一瞬で目を引かれました。
こちらのデザートは物語後編にあたるディナーへの橋渡し役として、悲劇の運命を辿っていくロミオとジュリエットを山椒やムースの中のカシスで表現し、次のシーンへと繋げていく工夫がされていて、とても印象的でした。


今回頂いたのはランチなので、ハッピーエンドで締めくくられていますが、ディナーは悲惨なシーンから、そして悲劇の結末を描く見逃すことの出来ない内容となっています。昼と夜で明暗が別れて構成されているので、物語を途中で読み終えるもどかしさを感じてしまう方は、ディナーも併せて頂くことをオススメします。
ちなみに物語を全く知らない方やうろ覚えの方でも楽しめるように、テーブル上にはパンフレットが用意されているので問題ありません。

構想から提供に至るまでに約3ヶ月もの時間を要して創り出されたこちらのコースはまさに芸術そのもの。
五感を心地よく魅了するアートや音楽といった芸術の一体感に包まれ、コースを終えた後はひとつの観劇を見終えたかのような充実感に満たされました。レストラン内のBGMは全てロミオとジュリエットに関する音楽が一日中流れているので、聴覚もしっかりロミジュリ色に染まることが出来ます。
世界で知らない人はいないほど有名な作品が、こんなにも料理に落とし込み仕上げられたコースなので、是非とも永遠の愛の物語を堪能しに「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」へ足を運んでみてください。

・『Romeo & Juliet(邦題:ロミオとジュリエット)』ランチ&ディナープログラムの概要

提供期間2022年10月17日(月)~2023年2月28日(火)
営業時間ランチ11:30~15:00 (L.O. 14:00) / ディナー 17:00~23:00 (L.O. 22:00)
最新の営業時間につきましては、ホテル公式ウェブサイトをご確認ください。
提供場所16階レストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」
コース料理料金(※)ランチ:6,400円 / ディナー:12,800円
メインディッシュのお肉は、黒毛和牛ロース肉または黒毛和牛ヒレ肉にアップグレードできます。(別途追加料金が発生します。)
ペアリング料金(※)ランチ:ワイン(3杯)4,000円 / モクテル(3杯)2,500円
ディナー:ワイン(5杯)8,000円 / モクテル(5杯)3,000円
ご予約
お問い合わせ
https://www.mesm.jp/restaurant/chefs_theatre.html
電話:03-5777-1111(代表) / メール:reservation@mesm.jp

※消費税・15%のサービス料込み

・シェフズ・シアター (Chef’s Theatre) について

ビストロノミースタイルのフランス料理を、オープンキッチンのライブ感とともにお届けするレストラン。繊細なシェフの技と東京だからこそ集まる旬の食材を生かし、“シェフの劇場”という名の通り、まるで舞台を観劇するようにストーリーとともに紡がれるフレンチをお楽しみいただけます。日中は浜離宮恩賜庭園の爽やかな緑、夜は都心の煌めく夜景に包まれ、華やかでダイナミックなアートが目を引く空間で、五感で味わう美食体験をご堪能ください。

■席数: 93 席 (個室席18席含む) / 個室 3室18席
■営業時間(※):
・朝食: 06:30 ~ 11:00 (L.O. 10:00)
・ランチ: 11:30 ~ 15:00 (L.O. 14:00)
・ディナー: 17:00 ~ 23:00 (L.O. 22:00)
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当面の間は、一部施設につきまして、営業時間および営業内容を変更しています。詳しくは公式ウェブサイトをご確認ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ECグルメモール『食む好き』

DIY&リノベーション

お仕事マッチング

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 「アートスクイグルヨコハマ 2024」会場風景 会場・イベント写真全て撮影:Shinichi Ich…
  2. 7 月 26 日、フランスの首都・パリでオリンピックの幕が上がり、熱い夏のスポーツの祭典が始まります…
  3. 株式会社ウィスク・イーが輸入代理店を務めるアイリッシュウイスキーブランド『THE BUSKER(ザ …

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »