浅草吉原発祥の東京の郷土料理「桜鍋」。明治38年創業、110年の歴史ある「桜なべ中江」で江戸人情噺を聞く。

江戸の文化に触れてみようと、初めて吉原へ。体験しに行ったのは、浅草吉原発祥の東京の郷土料理「桜鍋」の老舗、桜なべ中江(登録有形文化財にも指定されています)で、作家の花紋瑶氏の新作江戸人情噺を聞くというもの。この会の演者は、駒塚由衣氏。駒塚氏は、劇団四季の研究生から1975年にデビュー。女優、声優として活躍している。メリル・ストリープやシガニー・ウィーバーの吹き替えなども担当。

話しを聞き終わっての感想は、さすが役者さん。1人で何役もこなし、登場人物それぞれに個性が出ていて、あっという間の1時間でした。

花紋氏のお話も面白く、今まで触れたことの無い、文化を楽しむことが出来ました。そして、お話の後は、お楽しみの桜肉づくし。

 

お食事もさることながら、ここは歴史もすごいんです!食事も済んだ頃に、4代目店主の中江さんにお店の案内をしてもらいました。

大正建築の技が光る欄間の松竹梅桜

110年にに亘ってたくさんの著名人に愛され、今日まできたんだと、まじまじと感じさせられました。

この菊正宗のポスターも当時の物だとかで、菊正宗から、譲って欲しいという逸話があったとか。

とにかく、歴史のあるお店で、趣もあり美味しくもあり、なんとも欲張りな時間が過ごせました。

 

東京都台東区 日本堤1丁目9−2

桜なべ中江

電話 03-3872-5398
◯営業時間
・平 日 17:00~22:00(21:30ラストオーダー)
・土日祝 11:30~21:00(20:30ラストオーダー)
※土日祝日は、中休みなしの通し営業です
※ランチタイムは土日祝日の11:30~13:00です
※平日はランチの営業はございません
◯定休日
毎週月曜日

 

 

釜澤 直恵

釜澤 直恵THE SELECTION 編集長

投稿者の過去記事

お洒落なライフスタイルをコンセプトに、自らが面白いと思えるものをお伝えしますね。職業は、ファッションデザイナー兼プロモーター。趣味:旅行/映画鑑賞/外食

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

THE SELECTION GALLARY

2017年度エントリー作品

オフィシャルムービー

日中親善美人大使コンテスト

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 馬喰横山に北斗星があるってご存知でした?寝台特急、北斗星は、トレインホステル北斗星として、宿泊出来る…
  2. おはようございます💋エイベックス東京校内のスタジオにて某有名女優さんご出演予定の、化粧品メー…
  3. 皆さまこんばんは!日中親善美人大使ファイナリストのSeiyoです。気温が日々日々寒く…
PAGE TOP