日本全国を“旅”できる、新しいご当地土産ショップが誕生!「日本市 日本橋高島屋S.C.店」 9月25日(火)オープン!!

1716年創業の奈良の老舗、中川政七商店が2018年9月25日(火)開業の「日本橋高島屋S.C.」に、自社ブランド「日本市」の新店舗をオープンしました。
「日本市 日本橋高島屋S.C.店」は、まるで日本を旅するように、全国のご当地土産に出会える、日本橋発の全く新しいショップです。

 
中川政七商店が創業した江戸時代には、江戸と日本各地を結ぶ「五街道」と呼ばれる道路が生まれ、日本橋はそのすべての出発地でした。同店は、かつてのように日本橋を起点に、旅の道中出会う土産、名付けて“街道みやげ”をテーマに全国のご当地土産を揃えます。

 

3つの“街道みやげ”
店内に1,200点を越えるアイテムが常に揃う「日本市 日本橋高島屋S.C. 店」では、大きく3つの切り口で“街道みやげ”に出会うことができます。

▼日本橋限定のオリジナル商品
江戸切子や江戸組紐などの伝統的な技法を活かし、老舗企業の職人とともに作ったオリジナル商品を展開。200年以上前の江戸時代より続く旅の知恵や人々の生活が、現代の土産ものとして生まれ変わりました。


▼全国の街道からのセレクト商品
お土産には、その土地の魅力が凝縮されています。瀬戸内で育った柑橘ゼリーや栃木県産いちごジュースなどの定番ものや、五島列島や奥出雲などでの新しい発見も。北は北海道から南は沖縄まで日本全国津々浦々、日本橋にいながらお土産を通じた旅をお届けします。


▼2週間ごとに各街道を特集するPRスペース
日本全国の商人が文化を発信するため行商にくる「宿場町」のように、店内に5 坪ほどのPR スペースを設け、2週間の周期で全国各地の“いいもの、いいみやげ”が集まるイベントを行います。
【初回】「東海市」期間:9月25日~10月9日
※2019 年1 月以降は、全国の自治体や企業からの出店を募集します。


日本橋限定グラフィックアイテムを販売
江戸時代の日本橋の、活気ある様子を描いた日本橋モチーフ。デザイン事務所10inc.( 柿木原政広・西川友美)による本モチーフは軒先ののれんやテキスタイル商品、パッケージに多数登場し、訪れる人に江戸時代の日本橋の風景を連想させてくれます。


【日本市 日本橋高島屋S.C. 店】
住 所:東京都中央区日本橋 2-5-1 日本橋髙島屋S.C. 新館 1 階
電話番号:03-5542-1131
営業時間:10:30-20:00
定休日:館に準ずる
面積:23坪
店舗デザイン:ima [ 小林恭・小林マナ ]
ロゴデザイン:good design company
グラフィックデザイン:10inc.[柿木原政広・西川友美]
店内BGM:太鼓集団響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

日本発信Project for China

THE SELECTION GALLARY

勝手に広告コンテストVol2

オフィシャルムービー

日中親善美人大使コンテスト

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. ヒューリックホテルマネジメント株式会社(以下「ヒューリックホテルマネジメント」、本社:東京都中央区/…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. 先月銀座一丁目にオープンした話題の音楽を軸とした新しい遊び方を提案する“オトナの社交場“「PLUST…
PAGE TOP