シャンパーニュ「ペリエ ジュエ」史上最大規模のPOP-UPが原宿にオープン!!「THE HOUSE OF WONDER 花は、すべてのはじまり。」

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社が展開する プレステージ・シャンパーニュメゾン『ペリエ ジュエ』は、シャンパンとアートを心ゆくまで愉しめるブランド史上最大規模のPOP-UP「THE HOUSE OF WONDER by Perrier-Jouët」を、2023年10月11日にプレオープン、翌日12日より原宿駅前のWITH HARAJUKUにて期間限定でグランドオープンします。

https://www.perrier-jouet.com/ja-jp/houseofwonder

1811年創業の老舗シャンパーニュメゾン『ペリエ ジュエ』。最高級のシャルドネを使用した繊細でエレガントなスタイルと、エミール・ガレがボトルに描いたジャパニーズ・アネモネ(秋明菊)の美しさから、“シャンパーニュの芸術品”と称され、 200年以上もの間、唯一無二の存在であり続けています。

今回、期間限定でオープンするPOP-UP「THE HOUSE OF WONDER」では、 「花は、すべてのはじまり。」をコンセプトに、総面積846㎡の贅沢な空間で、ペリエ ジュエのアイコンでもある花を中心にひろがるWONDERな世界観の中、テイスティングセミナーやワークショップなどのチケット制イベントの他、希少なキュヴェを揃えたシャンパン・バーやブティックを展開します。

会場の外観は、フランス・エペルネにあるペリエ ジュエの迎賓館である「メゾン ベル エポック」を抽象的に表現したデザインとなっており、来場者を中へと誘います。ブランドカラーであるグリーンを基調に、メゾンに実際に使われている窓からインスパイアされたステンドグラスの意匠が施されています。

エントランスから入ると、自然とともに歩むペリエ ジュエならではのサステナブルな花々のアートが出迎えてくれ、階段を上った先にはクリエイティブスタジオedenworks(エデンワークス)による、ペリエ ジュエのブドウ畑に関係の深い花で創られたフォトジェニックな体験型インスタレーションが広がります。

2階のメインフロアには、ブランドの根幹となるART、WINE、NATUREの3つの柱をテーマとしたエリアがあり、新進気鋭のアーティスト、フェルナンド・ラポッセによる世界初公開のコミッション・アート「Seeds of Life」や、シャンパーニュ地方に由来する石灰石を想起させる白を基調としたバーやブティック、植物で覆われた着席スペースなど、さまざまな角度からシャンパーニュをお愉しみいただけるエリアが用意されています。ブティックでは、日本限定の開花をコンセプトにした新商品、「ベル エポック フロレサンス 2015」を世界でどこよりも早く購入できます。

今回のPOP-UPでは、三つ星シェフ「ピエール・ガニェール」とコラボレーションし、ガニェール氏監修のPOP-UP限定フィンガーフードをご用意、2階のバーにて購入できます。

シャンパーニュとスペシャリティフード、アートと自然が融合した唯一無二の空間で、今まで見たことのない新しいペリエ ジュエの世界をお愉しみいただけます。

「THE HOUSE OF WONDER 」 2 階メインフロアのご紹介

NATURE エリア

ペリエ ジュエの世界観をグリーンをメインとした植物の装飾で表現。自然との共生や生物多様性を唱えるメゾンのフィロソフィーを存分に感じられるスペース。テイスティングセミナーなどの事前予約チケットを購入したお客様のエクスペリエンスエリアとして、また自然に囲まれた空間の中でシャンパーニュを愉しみたい方の着席スぺースとしてお使いいただけます。

WINE エリア

特別な価格で愉しめるバイ・ザ・グラスのシャンパーニュセレクションや、希少なキュヴェをボトルでご用意。ペアリングにかかせないのは、POP-UPのために作られた三つ星シェフ「ピエール・ガニェール」監修の限定フィンガーフード各種。希少な限定ギフト箱入りシャンパーニュや、一般販売されていないペリエ ジュエの公式グラスなどを購入できるブティックも併設されています。

ART エリア

新進気鋭のメキシコ人アーティスト、フェルナンド・ラポッセの最新作を世界初公開。「受粉」をテーマにしたペリエ ジュエのためのアートを展示。作品は無料公開されており、どなたでもお楽しみいただけます。

<POP-UP概要>

名称:  シャンパーニュメゾン『ペリエ ジュエ』によるPOP-UP「THE HOUSE OF WONDER by Perrier-Jouët」

期間:  2023年10月11日(水)プレオープン/2023年10月12日(木)〜10月29日(日)グランドオープン

時間:  12:00 – 21:00 (20:30 L.O) ※時間は変更となる場合がございます。

場所:  WITH HARAJUKU 1F/M1F/2F(東京都渋谷区神宮前1-14-30)

内容:  『ペリエ ジュエ』の日本限定POP-UP。入場無料。一部、有料コンテンツを提供。事前予約制チケットによる有料のテイスティングセミナーやワークショップ、来場無料でご覧になれるアーティストたちによる花にインスパイアされたインスタレーションの展示、バーでのシャンパーニュとスペシャルティフードの購入などを楽しむことができます。

ブティックでは、日本市場限定発売の新商品「ペリエ ジュエ ベル エポック フロレサンス 2015」の先行販売や、10月新発売のリミテッドエディションの数量限定販売、通常買うことができない各種公式グラスなどのアイテムの販売も行われます。

ご来場・有料コンテンツ予約、タイムテーブルなど、その他詳細については、公式WEBサイト「THE HOUSE OF WONDER」スペシャルページをご参照ください。

https://www.perrier-jouet.com/ja-jp/houseofwonder

注目① 事前チケット制有料コンテンツ:セミナーからフリーフローまで、唯一無二の贅沢な内容

◆10月11日(水) 19:00-21:00 プレオープニングイベント(先着100名)

グラン ブリュット フリーフロー & ベル エポック フロレサンス 2015 グラス1杯付き 19,800円/人

◆フラワーワークショップ 「My Bouquet feat. edenworks」(60分)

期間中5回開催(各回最大12名)

シャンパーニュを楽しみながら行うedenworksによるブーケづくり(グラン ブリュット1杯付)4,950円/人

◆テイスティングセミナー (60分)

期間中12回開催(各回最大12名)

シャンパーニュ・アンバサダーによる3種のシャンパーニュのテイスティング、フィンガーフード付

  • クラシックライン セッション 6,600円/人
  • プレステージライン セッション 14,300円/人

◆フランスから来日のセラーマスターによるBanquet of Nature ~花とのペアリング~(60分)

期間中4回開催(各回最大20名)

アロマや花と共に3種のシャンパーニュを味わう一般初公開の新しいテイスティング、フィンガーフード付

16,500円/人

※タイムテーブルやその他コンテンツは公式WEBのスペシャルページからご確認ください。

注目② POP-UP限定フード:三つ星シェフ、ピエール・ガニェール氏監修のフィンガーフードペアリング

バースペースでは、12:00~20:30の間は常時4種類のシャンパーニュをバイ・ザ・グラスでご用意。

またToday’s Champagneとして、新商品となる「ベル エポック フロレサンス 2015」やバックヴィンテージの希少なキュヴェが登場し、グラス1杯からお愉しみいただけます。ペアリングには、ピエール・ガニェール氏が監修した限定フードが登場。このPOP-UPのためだけに考案された各種のフィンガーフード(¥700/個)を提供します。

※売り切れの場合はご容赦ください。また、日によってご提供フィンガーフードの種類が変わることがあります。

<4種のバイ・ザ・グラス シャンパーニュ(常時)>

  • ペリエ ジュエ グラン ブリュット
  • ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ
  • ペリエ ジュエ ブラン・ド・ブラン
  • ペリエ ジュエ ベル エポック 2014

<ピエール・ガニェール氏監修のフィンガーフード(一部)>

※全ての料金には、税金とサービス料が含まれます。

【ピエール・ガニェール (Pierre Gagnaire)】

1950年、フランス生まれ。パリ8区のバルザックにある三つ星レストラン「ピエール・ガニェール」をはじめ、世界7ヶ国で14店舗を展開するシェフ。日本は2005年から2009年まで東京の青山、2010年3月より「ANAインターコンチネンタルホテル東京」36階に店舗を構える。「厨房のピカソ」の異名をとる同氏の料理は独創的で芸術性が高く、時代の変化とともに進化をし続ける世界的にも影響力の強い料理人のひとり。

注目③ フラワーアート: edenworksによる、さまざまなアングルから自然を見る体験型インスタレーション

POP-UPの会期中、クリエイティブスタジオedenworksが、ペリエ ジュエのためのオリジナルフラワーアート「Floating Garden」をM1階に創作。「人間は自然とともにある」というブランドの哲学に共鳴し、デザインされた篠崎氏の作品は、巨大なフラワーブーケが空中で連なり、来場者はその中に入り、さまざまなアングルから新しい視点で自然を見ることができる体験型インスタレーションです。見上げたり潜ったり、寝そべったり、多様な角度から見て、写真をお撮りいただけます。

会期中にドライフラワーになった作品の一部をギフトとしてお持ち帰りいただけます。(詳細は公式LINEでお知らせします。)

【edenworks (エデンワークス) 】

篠崎恵美が主宰する花や植物を扱うクリエイティブスタジオ。

「花を棄てずに未来に繋げる」を理念に掲げ、独自の感性で花の可能性を引き出し、花のロスを最大限に無くす

クリエイションをする。店内装飾からウィンドウ装花、雑誌、広告、CM、MVなど、花にまつわる創作を広く行っている。ブランドとのコラボレーションやインスタレーションなど、アーティストとしても国内外で活動中。

注目④ ブティック:日本限定の新商品をPOP-UPにて先行発売!希少なペリエ ジュエのアイテムも販売

2階に位置するブティックエリアでは、日本限定新発売のロゼ・シャンパーニュ「ベル エポック フロレサンス 2015」のギフト箱入りが先行発売され、どこよりも早く購入できます。その他にもここでしか手に入らない数量限定の商品や、グラスなどの公式アイテムの販売も行われる予定です。

【日本限定新発売】 ペリエ ジュエ ベル エポック フロレサンス 2015 ギフト箱入り

8代目最高醸造責任者セヴリーヌ・フレルソンが手掛けた「開花」を意味する新しいベル エポック ラインのキュヴェが日本市場限定で誕生。花々の開花にインスパイアされた軽やかなロゼ、「ペリエ ジュエ ベル エポック フロレサンス 2015」は、アネモネの花をコンセプトにデザインされたギフト箱とラベルを纏った日本限定のリミテッドエディションです。

有機的な形状で構成されたギフト箱のデザインは、それぞれが鉱物、動物、植物を抽象的に表しており、ひとつひとつが同じ比率で描かれ、生態系において同等の役割を担っていることを強調しています。また、縦方向のグラデーションで配置することによって生命体の連続性を示し、咲き誇る自然の生命エネルギーを想起させます。

[セパージュ] シャルドネ 50%、ピノ・ノワール 50%

[熟成] 最低7年

[色合い]ペリエ ジュエの歴史的な迎賓館である「メゾン ベル エポック」の窓の赤いステンドグラスから差し込む太陽を思わせる、明るくきらびやかな色合い。

[アロマ]バラ、ラズベリー、クレーム・ド・カシスの魅惑的なアロマに、タイムのニュアンス。繊細さとミネラルの印象。

[味わい]リンドウの花びらのような繊細でソフトなテクスチャー。夏の日の出の瞬間に照らされた朝露を思わせる爽やかさ。

[参考小売価格]49,005円(税込)

今回「ベル エポック フロレサンス 2015」をバイ・ザ・グラスで飲めるのが世界初ということなので、ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ペリエ ジュエについて

1811年にエペルネに創立したシャンパーニュ・メゾン、 ペリエ ジュエは、フランスの中でも歴史ある老舗メゾンです。ペリエ ジュエのシャンパーニュは、シャルドネ本来のエッセンスを紐解く花のような香りと複雑な味わいをもつ、唯一無二のシャンパーニュです。創立以来たった8名のセラーマスターにより、そのシャンパ―ニュづくりの技術・技能と不朽の伝統が継承されています。また、創立者がこよなく愛した、日常を魅力的なものにする「自然とアート」から深い影響を受けています。1902年、アール・ヌーヴォーの旗手であるエミール・ガレとのコラボレーションにより、ペリエ ジュエのボトルにゴールドで縁取られたジャパニーズ・アネモネが描かれ、それがメゾンの象徴となったように、以来ペリエ ジュエは、ダニエル・アーシャム、ノエ・デュショフール=ローランス、東 信(あずま まこと)、トード・ボーンチェといった一流アーティストや新進気鋭のアーティストとのコラボレーションを続けています。

https://www.perrier-jouet.com/ja-jp

ペルノ・リカール について

ペルノ・リカールは世界第2位のワイン&スピリッツメーカー(注1)であり、スピリッツとワインの世界市場におけるリーディングカンパニーです。2022年度の連結売上は107億100万ユーロでした。当グループは、世界のトップ100スピリッツブランドのうち17(注2)のブランドを保有し、160カ国に240以上のプレミアムブランドを販売する業界有数の著名で幅広い商品群を有しています。ペルノ・リカールの商品群には、アブソルートウオッカ、リカール(パスティス)、バランタイン、シーバスリーガル、ローヤルサルート、ザ・グレンリベット(スコッチウイスキー)、ジェムソン(アイリッシュウイスキー)、マーテル(コニャック)、ハバナクラブ(ラム)、ビーフィーター(ジン)、マリブ(リキュール)、メゾン マム、ペリエ ジュエ(シャンパン)など数多く保有しております。ペルノ・リカールは、約19,480名の社員と、6社の「ブランドカンパニー」、そして各市場に設立された「マーケットカンパニー」からなる分社化された組織です。ペルノ・リカールの戦略と熱意は、「起業家精神」「相互の信頼関係」「強い倫理観」という3つの主要な価値観に基づいており、これに従って事業を展開しています。また、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を支持する「サステナビリティ・企業の責任に関する2030年までのロードマップ―楽しい時を安心の現場から」に示すとおり、持続可能な発展を目指すと同時に、責任ある飲酒の普及に努めています。その精力的な取り組みが認められ、エコヴァディス社からゴールド評価を受けた、国連のグローバルコンパクトのリーダー企業でもあります。

NYSEユーロネクストに上場しており(ティッカー:RI、ISINコード:FR0000120693)、CAC40指数およびユーロ・ストックス50指数のメンバーです。

注1. IWSR 2020による/注2. IWSR 2020による

詳しくは下記URLをご参照ください。

「ペルノ・リカール・ジャパン」WEBサイト:http://www.pernod-ricard-japan.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ECグルメモール『食む好き』

DIY&リノベーション

お仕事マッチング

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の取扱いブランドであるシャンパン メゾン モエ・エ・シャン…
  2. マリオット・インターナショナル傘下の次世代型ライフスタイルホテル、アロフト東京銀座は、ホテルルーフト…
  3. Ray-Ban(レイバン)は、次世代のための新しいコレクション「Ray-Ban Pulse(レイバン…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »