「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」第5弾は青森の有名店「中華そば ひらこ屋」が東京初出店!

「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」は、昨年7月15日に東京ラーメンストリート初の期間限定店舗としてオープン。神奈川『支那そばや』がオープニングを飾り、熊本『天外天』、栃木『麺屋ようすけ』、石川『金澤濃厚中華そば神仙』と続き、いよいよ10月5日(水)からは第5弾青森『中華そば ひらこ屋』がバトンを繋いでいきます。今後も全国のご当地ラーメンを約100日ずつ、第7弾まで期間限定で楽しめます。

・第5弾店舗『中華そば ひらこ屋』

青森のラーメン=煮干しラーメン。その中でも複数グルメサイトで人気NO.1に君臨!
地元に愛される煮干しラーメンのスペシャリスト「中華そば ひらこ屋」が東京初出店!
■出店期間:2022年10月5日(水)~2023年1月16日(月)(予定)
■座席:20席
■営業時間:11:00~23:00(L.O 22:30)
※都合により営業時間が変更となる可能性がございます。

【商品の特徴】
〈スープ〉

厳選4種類の煮干しを使用し、3回に分けて仕込む事により味に深みと重層性のある“癖になる”出汁が出来上がる。ひらこ屋の代名詞「平子鰯」は鳥取県境港限定で、ラーメン1杯辺りの煮干し使用量は約80g以上。

〈トッピング〉
チャーシューに使用される豚は国産銘柄豚を使用し、モモの部位(内モモ、外モモ、しんたま、すね)ごとに調理法を変え、それぞれの特性を活かしたチャーシューを楽しめる。メンマは煮干し出汁でじっくり炊いた特製メンマを使用している。

〈麺〉
煮干しの出汁を活かすため、極力かん水を抑え、内麦・外麦2種類の小麦を使用する事により独自の歯応えともっちり感、甘味と風味を感じる仕上がりを実現。
青森への愛情が詰まった「ひらこ屋」渾身の一杯を是非ともご堪能下さい。

■『中華そば ひらこ屋』店主 三上 玲氏コメント

今回東京初出店となります。平素よりご支持いただいておりますお客様には改めて感謝申し上げます。コロナ禍で青森に来る機会が難しい中、地元青森の味を是非頂いて欲しいと思い今回せたが屋さんよりご縁を頂戴し出店をさせていただくこととなりました。
青森の津軽煮干しラーメンはまだ認知されていない方も多いと思いますが、古くから食べ慣れている煮干し、焼き干しの良さや麺の雰囲気を堪能して頂けたらと思っております。このような世相でも来店されるお客様への感謝の気持ちを東京ラーメンストリートの地で伝えられたら嬉しいです。皆様からの活力を地元青森でも活かせる様頑張ります。

■株式会社せたが屋 前島司氏コメント

森出張の際は必ず立ち寄る大好きなお店です。
店主の三上さんとは交流もあり、ラーメンの話でいつも盛り上がります。当初三上店主は地元での出店にこだわっておりましたが、是非この美味しいラーメンを1人でも多くの方に味わって頂きたいと思い、ご当地ラーメンチャレンジの趣旨を理解して頂き口説き落としました。
東京でこのラーメンを楽しめるのは非常に貴重な機会となります。
青森の代表的ご当地ラーメンは煮干しラーメンですが、ひらこ屋は伝統を守りつつも革新も備えているラーメンです。それはラーメンの盛り付け方、スープもさっぱりから濃厚、背脂までバリエーションを持たせて青森のご当地ラーメンを幅広く楽しませてくれます。これだけ食べる事にワクワクさせられるお店も中々ありません。三上店主もお店に立ち、ラーメンの進化に手を休めない姿勢が非常に頼もしく、安心感を感じる一杯です。

■「中華そば ひらこ屋」 店主:三上玲氏 経歴・エピソード
1974年生まれ。青森市出身。子供の頃はラーメンが苦手であったが、人気ラーメン店でアルバイトをしたことをきっかけに様々な地域のラーメンを味わい、初めてラーメン自体に興味を持ち店長を任されるまでになる。
その中、母親が病に倒れ闘病生活を見守ることに。亡き母との「一緒にラーメン屋をやろう!」という夢を実現させるため研究を重ね、2005年に煮干しを使用した「自家製麺中華そば ひらこ屋」をオープンする。「ひらこ屋」は行列ができる人気店へと成長し2007年に「麺屋 らいぞう」、 2018年に「中華そば ひらこ屋 㐂ぼし」をオープン。現在、青森を代表する煮干しラーメン店となり絶大な人気を誇る店舗となっている。

さっそく東京初出店となる「中華そば ひらこ屋」にお伺いしてきました。

煮干しの苦みえぐみをださないように、独自開発している濃厚な煮干しスープは油をほとんど使用していないので、すっきりとした後味で、最後まで飲み干せてしまいます。かん水を抑えた麺はもちもちしていて、小麦粉の風味を残しつつ煮干しの出汁を引き立てていました。

北海道の銘柄豚を使用して部位によって作り方を変えているチャーシューや。燻製したメンマなどトッピングへのこだわりも充分に感じました。
都内にも数々の煮干しラーメン店がありますが、青森の煮干しラーメンとの違いを比べて楽しんでみてはいかがでしょうか。

・「東京ラーメンストリート」概要

名称:東京ラーメンストリート
場所:東京駅八重洲南口地下1階(東京駅一番街 地下1階)
店舗:「東京煮干し らーめん玉」「ソラノイロ・NIPPON」「塩らーめん専門 ひるがお」
「とんこつらーめん 俺式純」「六厘舎」「つじ田 味噌の章」「東京駅 斑鳩」「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」HP:https://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/ramen/

・店舗位置図

※写真・イラストはイメージです。なお、内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※東京駅一番街ではお客様ならびに従業員の健康と安全確保の観点から、感染拡大防止対策に取り組んでおります。お客様にはご不便をおかけすることもございますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
※新型コロナウィルス感染症の影響により臨時休館や営業時間の変更がございます。
最新情報については、東京駅一番街ホームページをご確認ください。
URL : https://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

占い

クリエーター発掘コンテスト

ECグルメモール『食む好き』

2022YACコンテンツアワード

オフィシャルムービー

TSM member

ビジネス・中国事情の今を知る

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. Clase Azul Asia 株式会社(本社︓東京都⽬⿊区上⽬⿊、代表取締役社⻑︓チャン・マイケル…
  2. ワークマン既存店415店(WORKMAN Pro 店10店舗を含む)、WORKMAN PlusPlu…
  3. アシックスジャパンは、現場で働くワーカーにフォーカスを当てた広告ビジュアルを、2月20日から特設サイ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »