アウトドア空間を満喫しつつ上質なウエディングが叶う新会場!大阪・万博記念公園内「迎賓館」に「WEDDING CAMP(ウエディングキャンプ)」グランドオープン!!

ウエディングプロデュースや婚礼施設の運営、レストラン事業を手掛ける株式会社プラネットワーク【本社:大阪府吹田市、資本金4,000万円、代表取締役 小岸弘和】は、大阪・万博記念公園内「迎賓館」に、新会場「WEDDING CAMP(ウエディングキャンプ)」を2019年5月にオープンしました。


「迎賓館」は、大阪にて1970年に開催された日本万国博覧会の際に、皇室や国際的な貴賓を歓待する施設として建設されました。2000年より、運営を開始し、敷地内には、婚礼だけでなく展示会や会合等が開催される「レセプションホール」や森の中に佇む「風詩(かざうた)の教会」があり、上質さを求める方に人気を博しています。
「WEDDING CAMP」は、「都心から少し足を伸ばして豊かな自然が広がる場所でのウエディング」をテーマとし、「WELCOME CAMP(ウェルカムキャンプ)」「BUBBLE CAMP(バブルキャンプ)」「SHARING CAMP(シェアリングキャンプ)」「GATHERING CAMP(ギャザリングキャンプ)」の異なる4スペースから構成された会場です。

約1,000坪の広大な敷地をすべて貸切とし、新郎新婦とゲストは「WELCOME CAMP」「風詩の教会」「BUBBLE CAMP」「SHARING CAMP」「GATHERING CAMP」の順に移動をしながら、アウトドアな空間とゆったりとした時間を楽しむ、新しいスタイルのウエディングを体感できます。また、上質なパーティを満喫するために、「迎賓館」の“おもてなし”とシェフが手掛けた料理を提供します。

今回登場する会場の4スペースの内、1つ目「WELCOME CAMP」は、ウェイティングスペースとなります。ゲストは会場のMAPを受け取り、様々なドリンクを自由に飲みながら、これから始まるワクワク感を味わうことができます。2つ目の「BUBBLE CAMP」では、挙式後の新郎新婦を『天使の泡』と呼ばれるシャンパンの泡がパチパチとはじける音で祝福をし、ピンチョスなどのアペリティフを楽しみながら一体感を楽しむことができます。

3つ目の会場「SHARING CAMP」はダイニングタイプのスペースで、着席しながらゆったりとした時間をゲストと過ごすことができます。

4つ目の会場「GATHERING CAMP」は、当会場のシンボルとなるティピテントと半屋外の会場を行き来するスタイルのスペースです。

会場外には、フォトジェニックな「ワーゲンバー」がスタンバイし、さまざまなドリンクが提供されます。さらに、メインディッシュとなるグリル料理は、シェフが目の前で焼き上げるので臨場感のあるパーティ楽しむことができます。

<WEDDING CAMP(ウエディング キャンプ) 概要>
■会場名称:WEDDING CAMP
■所在地:大阪府吹田市千里万博公園9-1(「迎賓館」内)
■バージンロード:約15m(風詩の教会)
■収容人数:80名
■販売開始日:2018年11月1日(木)
■オープン日:2019年5月1日(水)
■参考価格:一例 50名 ¥2,594,365(税サ込)
<上記価格に含まれる内容>
挙式料、会場使用料、乾杯酒、料理、フリードリンク、ウエディングケーキ、衣裳(新郎新婦洋装各1点)美容、アテンド、会場装花、ブーケ、ブートニア、写真(集合写真六ツ切1ポーズ3セット)、司会、ペーパーアイテム、引出物、音響照明費、プロジェクタースクリーン使用料
■ホームページ:https://www.geihinkan.com/wedding_camp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

勝手に広告コンテストVOL3

日中YAインフルエンサーコンテスト

THE SELECTION GALLARY

オフィシャルムービー

日本発信Project for China

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:和泉 浩)は、初夏から夏にかけて、森のような庭園を望む空中…
  2. プレミアムラゲージで世界をリードするRIMOWA(リモワ)は、2018年12月にオープンした日本初の…
  3. ファッション&カルチャーを発信するセレクトショプ「 Valumuer 」に、 タイを代表する…
PAGE TOP