YACACイラストレーター、中国進出へ!326氏、まころん氏、国際展と地元交流で注目

YACACに登録したイラストレーター4名が、中国進出に向けて正式なプロモート契約を締結

2023年のCACで審査員を務めたイラストライターの326(ミツル)氏が2024年2月に、グランプリを受賞したまころん氏、準グランプリを受賞したykn氏、特別賞を受賞したしまみつ氏が2024年3月に、中国進出のための正式なプロモート契約を締結しました。

クリエーターの可能性を広げ新しいライフスタイルを創造

YACACは、「中国・超次元国際芸術巡回展(以下、超次元展)」を運営する”上海无聊猴品牌管理有限公司”とクリエーター発掘プロジェクトCACの発起人である”株式会社colors palette”の共同プロジェクとして、クリエイターの可能性を広げ、新たなビジネスチャンスを創造しています。世界中のクリエイターと協力し、新たなクリエイティブな世界を築くことを目指しています。

中国超次元展での作品展示とアーティストの地元交流

超次元展には、2023年度のCAC国際コンペティションの選考特典として、多くのYACAC登録イラストレーターが参加しています。超次元展は、日本のアーティスト以外にも、開催国の中国や、アメリカ、フランス、台湾、韓国のアーティストによる200点以上のアート作品がリアルとデジタルで展示されました。

新たなアート体験の次元へ:アート×テクノロジーを感じる国際アート展「中国・超次元国際芸術巡回展」

この巡回展の式典には、日本を代表して326(ミツル)氏が出席し、その後は地元の親子との交流イベントを通じて地域社会とのつながりを深めました。

写真は、326氏がプロデュースし学研から発売されている「王様のビュッフェ」というカードゲームをしている様子です。どの子も真剣です。

出典:学研出版サイトhttps://hon.gakken.jp/book/1575082100

ゲームの説明書の翻訳も、日本語のイメージと変わらないイメージを用意し、日本のプレイヤーと同じ感覚で楽しんでもらいました。

326氏、まころん氏、中国国際消費品博覧会へ

この契約を皮切りに、326(ミツル)氏、まころん氏の作品が、2024年4月13日から18日に海南島で開催される、第4回・中国国際消費品博覧会の「Amuza Japan×超次元展」のコラボブースを飾ります。

中国の国家的イベント・中国国際消費品博覧会とは

昨年開催された中国国際消費品博覧会は、展示総面積が12万平方メートルもあり、65か国と地域から3382のブランドが参加しました。入場者数は32万人を超え、国際展示エリアと国内展示エリアには合わせて3382のブランドが出展。5万人以上のバイヤーや専門家が参加し、35か国と地域から2000人以上の海外バイヤーも来場し、200社以上の報道機関が参加しました。

「Amuza Japan×超次元展」のコラボブース

「Amuza Japan×超次元展」のコラボブースでは、世界初の試みとして潜水艇モデルと現代アーティスト集団による超次元芸術作品が展示されます。

このブースでは、Amuza Japanが開発した超次元潜水艇は、深海探査や海洋撮影、観光、環境監視、科学調査などに広く活用できます。人々に新たな五感体験をもたらし、海洋の秘密を探求するための先進的な潜行ツールとして期待されています。

そして、この潜水艇を発表するブースは、従来の芸術形式とは異なり、デジタル技術を活用して新しい感覚を生み出す超次元芸術作品として展示されます。

超次元芸術作品は従来の芸術形式と概念が異なります。人の脳と脳、意識と意識、思考と思考、視覚と視覚を、AIなどのデジタル技術を介して結びつけ、新たな感覚を生み出す芸術体験を実現しています。このような作品は、私たちの芸術に対する固定観念を完全に超越したものです。

ブースを彩る6人のアーティスト

ここに展示されている作品は、国際的な影響力を持つ6人のアーティストによって共同で完成されました。

1.Makoronは、空の作品が人気のアーティストで、今回は、宇宙、天空、海洋、人間の活動が交差する空間を表現しています。

2.326は、女性や子供たちに愛される癒し系アーティストで、多様な人物形態を生み出します。

3.Zhengweiの作品は、伝統的な絵画技法を超えて、デジタル技術や未来志向の要素を取り入れて新しい表現を生み出しています。

4.Yuxinの「山海経」シリーズは、中国でも人気が高く、東洋文化を洗練された形で表現しています。

5.無聊猴(Bored Monkey)の純粋なデジタルコンビネーションは、芸術作品に人工知能を利用して未来的な要素を組み込んだプログラミングコードのような表現です。

6.主創の王超鷹(Wang Chaoying)は、さまざまな領域を結びつけるアーティスト兼プロデューサーで、芸術と製品をうまく組み合わせ、豊富な実績を持っています。

まころん氏のイラストでデザインされたブース

326氏のイラストとZhengwei×無聊猴(Bored Monkey)でデザインされたブース

Yuxinの「山海経」シリーズでデザインされた超次元潜水艇モデル

このブースは、製品発表の場において伝統的な枠組みを完全に超え、アートとAIが融合した画期的な試みとなっています。このような取り組みは、将来の製品発表において大きなリーダーシップを発揮することが期待されています。

YACACの役割と将来展望について

今回の展示会でのブース出展など、イベントや展覧会に参加し、作品を使用してもらったり、見てもらったりすることはクリエーターの知名度を上げるとともに、更なるビジネスチャンスを産み出します。

YACACは、クリエイティブな国際交流を促進し、新たなビジネスチャンスを提供するプラットフォームとして活動を広げていきます。今後も、国内外でのビジネス展開を支援し、クリエイターの成長と成功を後押ししていきます。

新しいビジネスチャンスを見つけませんか?

YACACでは、世界中のクリエイターを支援し、ビジネスチャンスを提供しています。
あなたもYACACに参加し、世界の舞台で活躍しませんか?

興味のある方は、ボタンをクリックしてみてください。

詳細を見る

翻訳 »