翻訳サポート

YACACではご希望の方に、有料にてローカライズ翻訳のサポートをしております

海外市場であなたの投稿に興味を持ってもらうには、中国語や英語をネイティブに話す人たちが違和感なく読める様、
ローカライズされた文章が必要です。世界に認められた確かな実績で、あなたの海外進出をサポートします。

 翻訳依頼の手順  翻訳サポートの種類

翻訳サポートは、東京ベースのグローバルチーム、無限クリエイションズ合同会社と新聞広告やキャラクタープロモーションなど
を手掛けるクリエイティブ集団株式会社ピーアールハウスがチームで担当します。

海外市場でのユーザーニーズ

①価格よりも母国語でプレイ可能であることが重要
②現地に最適化された作品を好む

③母国語で情報発信されている作品を買う可能性が高い

当たり前のことですが、海外市場で成功するには、その国の慣習や文化に根ざして受け入れられる必要があります。

海外市場で何かを展開する場合、文章を直訳するだけでは意味が通じないケースが多々あります。
また、自国のものをそのまま持ち込んでしまうと、宗教や法律上の問題が発生することもあります。
現地のターゲットとする人が自国のターゲットに同じ感覚で受け入れてもらうことが海外展開で成功するための秘訣です。

意味が通じるだけではなく、その国の慣習や文化に根ざして、より受け入れられるようにするのがローカライズです。

今回翻訳をサポートするチームは国内外での高い評価を得ています。

【ゲーム実績】

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
全米「The Game Awards 2019」にて、当年発売された世界中のゲームで最も優れた作品に贈られる「Game of the Year(ゲーム・オブ・ザ・イヤー)」を受賞し「日本ゲーム大賞」「PlayStation Awards」など、国内外問わず様々なゲームアワードにおいて受賞およびノミネートを受けた『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のゲームのセリフの翻訳、ゲーム制作の資料翻訳を担当。

出典:SEKIRO公式サイトより https://www.sekiro.jp/

2019年3月22日にPS4/Xbox One/windowsで発売。発売10日で200万本を売り上げ、全世界累計出荷本数は380万本を超え、20207月時点では累計販売本数500万本(ダウンロード版含む)を突破という大ヒットゲーム。

『大阪大学情報科学研究科のゲーム翻訳』
情報分野の主戦場である英語圏のレベルの高い国際会議に、制作したコンテンツを発表し、インパクトを最大化することを目的として、英語のローカライズを展開。例えばインターフェイス系を好むアメリカの学会などでは、実際にゲームにフォーカスしていたり、ゲームだけを集めたイベントが開催されているため、そういったところで発表したいと考え英語版のローカライズに挑戦されています。

【マンガ実績】

大手出版社などのマンガを原作と同じように現地ユーザーが楽しめるよう、原作の雰囲気を変えないフォント選びや言い回しを選定しています。

*1文透けた吹き出しは、文字を消し、写植して翻訳しています。
*2日本マンガならではの「オノマトペ」も現地のユーザーに伝わりやすいよう翻訳します。
*3もしかして→日本人はmaybeを思い浮かべますが、ネイティブ翻訳者がローカライズすると、場面の前後にあわせたDon’t Tell meに翻訳。
*4吹き出し以外の書き文字も翻訳します。

【動画実績】

以下は、アメリカ市場向けのゲームPVを作成し、Youtube PlayStationチャンネルで配信したものです。

また、以下はYACACを運営するTHE SELECTIONの公式グルメインスタグラム『食む好き』で、グルメインフルエンサーと共同投稿した、翻訳テロップ付きのグルメ紹介リール動画です。食む好きは、普段、日本人向けに発信していますが、この翻訳テロップ投稿以降、外国人フォロワーの方も少しずつ増えています。


ローカライズ翻訳サポートの依頼手順

STEP1 翻訳サポートの
種類を選んで購入

STEP2 翻訳したい画像や
ページをアップロード

STEP3 翻訳データを
登録メールに送付


ローカライズ翻訳サポートの種類

以下、4種類のサポートからお選びいただけます。なお、翻訳する文字量によって金額は変わります。

動画テロップ翻訳

1分以内の動画
5,500円(税込)カートへ

購入できる最小単位は1分です。1分を超える場合は、必要な分数を購入し、購入番号をアップデートの際に入力して下さい。

テロップをつける動画には、ナレーションが入っていることが前提です。

ゲーム翻訳

見積もりを依頼する

ゲームは、ロールプレイングなどであれば文字量がい多いので、まずはお見積もりをご依頼ください。

その他、翻訳に関するご相談やお見積もり依頼があればお気軽にお問い合わせください
お見積もり・ご相談

翻訳 »