イヴ・サンローラン・ボーテジャパンアンバサダーのローラさんが限定イベントに登場し、胸が熱くなるコメント!!

日本ロレアル株式会社は、イヴ・サンローラン・ボーテが2020年よりグローバルで展開している、パートナーからの「ABUSE」の9つのサイン認知と啓発を広める『ABUSE IS NOT LOVE(アビュースイズノットラブ)』活動の限定イベントを11月25日(金)に表参道ヒルズスペースオーにて開催しました。

イベントには、イヴ・サンローラン・ボーテジャパンアンバサダーのローラさんが、イヴ・サンローラン・ボーテのシックで艶やかなヌーディートーンのメイクで登場し、本活動に関して「本当に素晴らしい取り組みだなと思いました。本当に「ABUSE IS NOT LOVE」のように声を上げることによって、たくさんの人々が助かる気持ちになると思うし、私自身経験したこともあって、ちょっと涙が出そう。」とコメントしました。

<トークセッション>
Q1:久々に日本に帰っていらっしゃったと思うのですが、いかがですか?
ホームに帰ってきたような気分になって、お外の秋の紅葉の美しさに心がホワンとしてすごく優しい気持ちになっています。

Q2:環境問題や社会問題の発信にも力を入れていらっしゃいますが、ローラさんは最近勉強されていることや気になることはあります
か?
最近も環境問題について勉強は続けていて、昔の世界と日本の歴史を勉強したり、禅についてたくさんの本を読んでいます。あと、お料理が好きだから、もっと深く勉強しようと思って、1960年代に発売された昔の陰と陽に関する料理の本を読んでいます。本を読むので忙しいです!笑

Q3:「ABUSE IS NOT LOVE」をイヴ・サンローラン・ボーテが取り組んでいることをどう思われますか?
本当に素晴らしい取り組みだなと思いました。本当にこのように声を上げることによってたくさんの人々が助かる気持ちになると思うし、私自身経験したこともあって、昔調べたこともあるしちょっと涙が出そう。

Q4:このような取り組みと意識は、海外に比べて日本は146か国中116位と低い位置にいます。海外で暮らすローラさんにとって、どのように感じますか?
やっぱり順位で比べると低いのかなと思うけど、一度たくさんの人が知るきっかけが始まったら、どんどん順位が上がっていくのかなって思います。

Q5:この取り組みで定義された9つのサインを改めて一緒に見ていきましょうか。この中で特に気になるものってありますか?
いくつもありますが、その中でも「嫉妬する」と「干渉する」がすごく気になりました。「干渉する」は、恋人でも夫婦でも「どこにいるの?」「何をしているの?」言わなくてもお互い大丈夫だよと言う関係でいることが大切だと思う。「嫉妬する」は、生活していてよく感じるし、深いものだと思います。例えば、他の男性の素敵なところを話すとそれを聞いていた男性の嫉妬が始まってしまう、、、それは怖いことだと思ってしまいます。

Q6:ローラさんが考える理想のパートナシップとは?
お互いをリスペクトできる関係です。そして大人になっても、どんなに歳をとってもずっと子供の心を持って冗談を言い合えたり、ダメなことろも見せられるような関係が理想です。昔よりありのままの自分でいるようになったら、周りもありのままの友達が増えて、生きることがもっと楽になって楽しくなってきました。

Q7:最後にみなさまにメッセージをお願いします。
素敵なイベントに参加できてとっても嬉しいです。これをきっかけに私も学んだことをもっと色々な人に伝えていきたいですし、少しでも近くの人に相談できて、悩みが解決されたらいいなと思いました。どんなことが起きても自分を愛することはとてもすごく大切だとうので、たくさんの人が自分を愛するようになったら、もっと嬉しいな。

【概要】
●タイトル: イヴ・サンローラン・ボーテABUSE IS NOT LOVE 限定イベント
●日時: 2022年11月25日(金) 19:00~20:05
●ゲスト: イヴ・サンローラン・ボーテジャパンアンバサダーローラさん
●会場: 表参道ヒルズ本館B3F スペースオー(東京都渋谷区神宮前4-12-10)

■ 「ABUSE IS NOT LOVE」とは
「ABUSE IS NOT LOVE(アビュースイズノットラブ)」は、イヴ・サンローラン・ボーテがグローバルで取り組む社会貢献活動です。2020年11月の立ち上げから現在まで、25か国の参加と26.7万人への啓発活動を実施しました。“恋愛関係”における親しいパートナーからの9つのABUSEのサイン(①萎縮させる、②無視する、③脅す、④操る、⑤干渉する、⑥侮辱する、⑦嫉妬する、⑧管理する、⑨孤立させる)の認知と啓発を広め、2023年には17.5万人への啓発活動をすることを目標とし、2030年までに200万人の啓発を目指しています。
<3つの柱>
1. 社内での学びを強化すること。
(現時点ですでに、YSL BEAUTY及びロレアルの従業員9,000人がトレーニングを受けています。)
2. パートナーシップを組んだ非営利団体との予防プログラムを遂行していくこと。
3. ABUSEの撲滅を続けていくこと。
目標を達成するために、引き続き世界各国の非営利団体とのパートナーシップを組んで参ります。又、世界中の一人でも多くの人へ届けるために来年からは各国でのアンバサダー活動も多く予定しています。男性を含むあらゆるジェンダーに向けての理解も深め、より良い社会になるために継続して強化して参ります。
日本では2021年、“女性に対する暴力撤廃の国際デー”の11月25日(木)より本活動をスタート。美容部員を含む約300人のイヴ・サンローラン・ボーテの全社員が、トレーニングを受講し、ABUSEの9つのサインについてのトレーニングをおこないました。
又、毎年おこなわれる11月12日から、本日25日までの内閣府が推進する「女性に対する暴力をなくす運動」にも賛同し、全国のイヴ・サンローラン・ボーテカウンターにて啓発物のひとつであるパープルリボンバッチを着用し、活動を後押し致しました。
また、2021年12月より、NPO法人女性ネットSaya-Sayaと取り組みをおこなっています。Saya-Sayaが取り組んでいる「デートDV」の予防啓発セミナー「チェンジプログラム」の活動に、ブランドの活動目的と一致したために、共に活動を続けています。
2023年は、2万人への啓発活動をおこなうことを目標としています。
*実績
2021年12月の立ち上げより現在まで、都内近郊を始め、北海道から九州までと全国各地の97ヶ所もの中学校、高校、大学、各地域の施設に出向き、13,250人への啓発活動を実施しました。
(2022年11月時点)

■イヴ・サンローラン・ボーテとは
1978年、パリ発祥のラグジュアリークチュールブランドYSL(イヴ・サンローラン)のビューティライン。メイクアップやスキンケア、フレグランスを展開。美しくなることで、人生に大胆な変化をもたらし、自由と自信、そして圧倒的なスタイルを与えて輝かせることがブランドのミッション。ブランドのテーマは『PUSH THE BOUNDARIES – 今、ビューティはパワーになる』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

占い

ECグルメモール『食む好き』

2022YACコンテンツアワード

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

TSM member

ビジネス・中国事情の今を知る

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. “手の届く高級感”をコンセプトにした飲食店を展開する株式会社Human Qreateは2023年2月…
  2. 今月の12星座をお洒落なイラストと合わせて無料でお届け♪  2月の運気を好転させる、運気アップの香り…
  3. 大阪・堂島浜に位置するZentis Osakaは、2023年2月1日(水)~2月28日(火)に英国の…
PAGE TOP
Translate »