革新性溢れる醸造プロセスとデザインで完成した唯一無二の2010年ヴィンテージ『ドン・ルイナール 2010』 は10月5日(水)より順次発売!

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の取扱いシャンパーニュメゾン ルイナールは、唯一無二の2010年ヴィンテージ「ドン・ルイナール 2010」を10月5日(水)より順次発売します。また、メゾンのセラー「クレイエル」をオマージュした新ギフトパッケージも、全国の主要百貨店などで同日より販売します。

ルイナールのブラン・ド・ブランのキュヴェとして最初に作ったシャンパーニュが「ドン・ルイナール」です。ファースト・ヴィンテージは1959年に収穫、1966年に商品化されました。

今回発売する「ドン・ルイナール 2010」は、革新的な醸造プロセスとデザインが特徴の、唯一無二の2010年ヴィンテージです。革新性の1つ目は、かつて一般的であった澱の上で熟成させるためのコルク栓を復活させたこと、さらに従来のヴィンテージよりも長い熟成期間(9年~最大11年)であることです。王冠キャップの代わりにコルクを使用し、じっくりと熟成させたことで、コルク栓のボトルからは、複雑さのさらなる層を持つ、より緊張感のある繊細なワインが誕生しました。革新性の2つ目は、手作業によるデゴルジュマン(澱引き)です。コルク栓再登場に伴い、ワインの品質を確かめながら1本ずつ作業しています。革新性の3つ目は、ルイナールのシャンパーニュを熟成するためのセラー「クレイエル」をオマージュしたデザインです。一新したデザインは、まるで「ドン・ルイナール 2010」が手元に届くまでのストーリーを辿るように、ギフティングの新たな概念を提唱します。ボトル中央には、メゾンで手作りされたドン・ルイナールのロゴが箔押しされ、シンプルでありながらエレガントな印象に。100%紙で出来たパッケージはチョークストーン(石灰岩)を模して造形され、ボトルとの密着性に優れています。このようにして、革新性溢れるプロセスで完成された「ドン・ルイナール 2010」は、希少価値をさらに高め、世界最古のシャンパーニュメゾンとしてのクラフトマンシップを体現しています。

最高醸造責任者のフレデリック・パナイオティスは、「寒冷なブドウの成熟期とワイン学上の大きな出発点とが組み合わされた完全に唯一無二のヴィンテージ」と表現。低い気温や集中豪雨など気候に左右されながらも奇跡的に完成したシャンパーニュです。2010年ヴィンテージの始まりは、気温が10年間の平均を大きく下回った、さわやかな春。この低い気温はブドウの開花時期まで続き、ブドウ周期は5日ほど遅れました。夏は、暑すぎず寒すぎずの順調な滑り出しでしたが、ブドウの成熟が始まる8月中旬、状況は一変します。突如、2カ月分の降水量に相当する集中豪雨がシャンパーニュ地方を襲ったのです。高温多湿の極端な気象条件により、ピノ・ノワールとムニエのブドウに被害が広がるなか、菌の影響を受けにくいシャルドネには、幸いなことに被害はありませんでした。2010年9月15日から収穫終了までの期間は気候も穏やかで、シャルドネの最適な品質が維持された状態で醸造されました。アルコール度数の高いポテンシャルと優れた総酸度を持ち合わせる2010年のシャルドネは、 ブレンドする際にルイナールのサヴォアフェールを存分に発揮できるバランスとなっています。

「ドン・ルイナール 2010」は、10月5日(水)より順次発売、エレガントなギフトパッケージが付いた「ドン・ルイナール 2010 ギフトパッケージ」は、同日より全国の主要百貨店などで販売します。ぜひ、贅沢なフードペアリングとともにお愉しみください。

・「ドン・ルイナール 2010」商品概要

商品名 :ドン・ルイナール 2010
容量   :750ml
価格   :ドン・ルイナール 2010 35,500円(税別)

ドン・ルイナール 2010 ギフトパッケージ 38,800円(税別)

【ブレンド】
グラン・クリュからのシャルドネ 100%
– 90%:コート・デ・ブラン地区
(ル・メニル=シュール=オジェ村、アヴィズ村、シュイィ村、クラマン村)
– 10%:モンターニュ・ド・ランスの北側斜面(シルリィ村)

【醸造方法】
・手摘み
・温度管理されたステンレススティール製タンクでのアルコール発酵
・フル・マロラクティック発酵
・ティラージュ(コルク栓付き)
・手作業でのスタッキング
・9年以上の澱の上での熟成
・手作業でのデゴルジュマン(澱引き)
・ドサージュ:4g/L

〈テイスティングノート〉
色  : 淡いグリーンがかった強烈なゴールデンイエロー。泡立ちは繊細で、余韻を残します。
香り : パウダリーで、フローラル(アイリス)な、湿った石のようなミネラル感が香り、シプレ系の香水の世界を想起させます。その後、ナツメグ、ローストしたヘーゼルナッツやアーモンド、コーヒーなど、遠い記憶の包み込むような安心感のある香りに支配されます。熟した柑橘系果実のピリッとした香りが、このヴィンテージのアロマに力強さを与えています。
味わい: リッチな味わいの「ドン・ルイナール 2010」には、活力と凝縮感がみなぎり、アロマの力強さが際立っています。新鮮なイチジクの葉の香りに、紅茶と挽いたばかりのスパイス(シルティムールペッパー 、マハレブ)の香りが混ざり合います。味わいは幾重にも重なり、複雑な口当たりとなり、エレガントな渋味によって引き立てられるフレッシュなフィニッシュへと続いていきます。「ドン・ルイナール 2010」は、シャルドネのグランドワインのような誘惑的な雰囲気を醸し出しています。

〈フードペアリング〉
・ペリゴール産黒豚のフィレ、ナツメグ・メース、エルサレム・アーティチョーク、トーストした栗を削ったロバージュオイルのフィレ
・ブルターニュ産ブルーオマール海老の燻製、木の芽とモミの棘、大根の花びら、ワカメとレモンゼストのクリーミーソースを添えて
・異なる食感(焼く、揚げる、つぶす)のネギにポテトとトリュフのサバイヨンを添えて

・ルイナール
1729年創設以来「シャンパーニュの宝石」と謳われる世界最古のシャンパーニュメゾン。コート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスで収穫された最高品質のブドウを巧みに選定し「清らかさ」「繊細さ」「上品さ」を追求した、その繊細でフレッシュ、丸みのある豊かな味わいを引き出して高度な技術を有するシャンパーニュ作りのエキスパートであることから「シャルドネ ハウス」として、その地位を確立してきました。熟成には、1931年フランス歴史的建造物として指定された、ガリアローマ時代の白亜質の石切り場跡「クレイエル」を使用。熟成に理想とされる一定の温度と、適度な湿度を保つ環境下で繊細、且つ清らか、上品なルイナールスタイル「シャルドネの芸術」を完成させます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translate:

占い

ECグルメモール『食む好き』

2022YACコンテンツアワード

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

TSM member

ビジネス・中国事情の今を知る

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 今月の12星座をお洒落なイラストと合わせて無料でお届け♪  10月の運気を好転させる、運気ア…
  2. Peter Saganの来日を記念してサイクリングとアートを融合したカルチャーイベント「SPECIA…
  3. ウェスティンホテル東京は、 2022年のクリスマスシーズンに「Westin Christmas “A…
PAGE TOP
Translate »