令和即位パレードの日、桂由美ブライダルハウス1Fに新しいプレステージ『Cefe de Rose〈カフェ・ド・ローズ〉』が誕生。

半世紀以上も前の日本でブライダルファッションを発信し、「平和で幸せな家庭を築き上げていただきたい」という祈りを込めて、今なお業界を先駆し続けている桂由美さん。
永き歴史の中で“ウエディングの聖地”“愛のパワースポット”と謂われる「桂由美ブライダルハウス」をご存知のかたも多いだろう。
11月10日の天皇即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」と同日、桂由美ブライダルハウス1Fに、輝く人生の中で起こる様々な出来事を祝すプレステージ『Cafe de Rose〈カフェ・ド・ローズ〉』が誕生、令和の未来に輝きを添える。

プレ・パレードのタイミングで開催されたオープニングレセプションパーティーでは、Yumi Katsuraの魅力をふんだんに盛り込んだファッションショーをはじめ、今後ここ『Cafe de Rose〈カフェ・ド・ローズ〉』を舞台に展開予定の「P-WEDDING〈ピー・ウェディング〉」の提案が成された。

人生100年と謳われはじめた現代、プラチナの輝きを放つプライムなヴィンテージ世代。
人生が永くなるほど培う感性、めぐりあう幾多のアニヴァーサリー、だからこそ叶うプレシャス感あふれるウエディングが、Yumi Katsuraの普遍的なブランドパワーによって更に輝くものへと導かれる。
Platina Generation〈プラチナ・ジェネレーション〉のPrecious Wedding〈プレシャス・ウェディング〉。
それが「P-WEDDING〈ピー・ウェディング〉」だ。

ショーのフィナーレには、Cafe de Roseオーナーとなるワンダフル エイジング プロデューサー 六本木二三子が自らドレスを纏い、ご主人と共にプラチナ・ジェネレーションのプレシャスな“アニヴァーサリー・ウェディング”を体現してみせた。

『Cafe de Rose〈カフェ・ド・ローズ〉』では、“P”の持つ多様な意味合いの中、「P-WEDDING〈ピー・ウェディング〉」をテーマに、様々なお祝いのプランを提案していく。
門出の大々的なお披露目前にアットホームな中で、きちんと感謝を伝えることが出来るプレパーティーや、かねてより桂由美さんがお持ちの「日本のご夫婦にもヨーロッパのように記念日を大切にしてほしい」という思いを込めた、プライスレスなアニヴァーサリーの提供など、幸福のプラットホームとして幾多の幸せを紡ぎ、未来へと繋ぐ。

此の度のオープンに際して考案された「P-WEDDING〈ピー・ウェディング〉」だが、桂由美さんの今後のテーマが『アニヴァーサリー・ウェディング』というから、素敵な偶然と素晴らしいご縁、そして未来への期待感が高まる。

時代を超えて、世代を超えて・・・ここ桂由美ブライダルハウス1Fに誕生した『Cafe de Rose〈カフェ・ド・ローズ〉』をプレステージに、パワーとパッションを持ち合わせたプラチナ・ジェネレーションが指針となり、令和の時代もまた牽引していくのだろう。

伝統を継承していく・・・SNSインフルエンサーも『Cafe de Rose〈カフェ・ド・ローズ〉』オープニングを発信。

【備考】
〈Cafe de Rose 運営事務局〉
株式会社TR薬草理化学研究所 東京支社(代表:六本木二三子)

Creative Director:中井久実代

Photo by 内田孝文

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

TSM member

インフルエンサー発掘コンテスト

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

SHOPPING

参加可能なイベント情報

ビジネス・中国事情の今を知る

日本発信Project for China

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 上海南エリアで開発が進むデジタル都市『紫竹エリア』。深センに続いて、中国の上海エリアのシリコンバレー…
  2. ヴィヴィアン・ウエストウッドが期間限定でポップアップストアを銀座三越店、阪急梅田本店にオープンします…
  3. 国内ではじめての野外美術館として開館50周年をむかえた彫刻の森美術館( 神奈川県箱根町、館長 : 森…
PAGE TOP