〈ザ・ゲートホテル東京 by HULIC〉 新複合型商業施設「HULIC SQUARE TOKYO」にザ・ゲートホテルの旗艦店がオープン、12月14日(木)開業!

ヒューリックホテルマネジメント株式会社(以下「ヒューリックホテルマネジメント」、本社:東京都中央区/代表取締役社長:千葉雅彦)は、「ザ・ゲートホテル東京byHULIC(以下、「ザ・ゲートホテル東京」、所在:東京都千代田区)」を2018年12月14日(金)に開業します。
ザ・ゲートホテル東京は、2012年に開業した「ザ・ゲートホテル雷門byHULIC」に続く、ザ・ゲートホテルブランドの2件目となるホテルで、ザ・ゲートホテルの旗艦店として「HULICSQUARETOKYO」内の4階から13階部分で営業します。ホテルは晴海通りに面し、東京メトロ銀座駅と日比谷駅から徒歩1分、JR・東京メトロ有楽町駅から徒歩3分、都内主要観光箇所へ利便性に優れた場所に立地しています。

●ザ・ゲートホテルとは
*個人のためのホテルであること
ホテルの楽しみ方を知る「大人のためのホテル」です。社会や家庭の中で肩書きによって様々な責任を負った大人の方々が、馴染みのバーやお気に入りの美術館で、日常の肩書きからひととき開放されるかの様に、素の「個人」となって過ごすことを目指しています。一人あるいは大切な方と共に、心から寛げるお時間を提供します。
*外気を感じるホテルであること
随所に自然の外気を感じ、街の気配を感じ、時には街の喧騒をも取り込むホテルです。ザ・ゲートホテル東京では4階に銀座の街の延長を感じさせるロビーテラスを、13階にはとっておきの空間「プレミアムラウンジ」にもテラス席をご用意しています。
*街の魅力と一体化したホテル
ザ・ゲートホテル東京は、有楽町・銀座にあり、日比谷・丸の内、そして新橋にも面しているという都内でも稀にみる魅力的な場所にあります。ホテルの中での滞在はもちろんのこと、ホテルが存在することで、その地域の扉が開き、街と繋がり、ローカルな体感をしていただけることを提案します。
*文化的ホテル
流行に左右されることのない本物の提案を目指しています。古くからあるものを大切に伝えていくと同時に、多様な価値観や新しい物やコトを積極的に発信するホテルです。ザ・ゲートホテル東京では、箔・紙・陶器などの素材を用いています。また、様々なこの地域ならではの文化体験をご用意しています。

●ザ・ゲートホテル東京byHULIC

・デザインコンセプト
ザ・ゲートホテル東京のデザインコンセプトは「華と粋」です。華とは”常に新しい文化”、粋とは”変わらない価値観”を表しています。誰もが自然体で美しく過ごせる場所であり、外とのつながり・時のうつろいをインテリアで表現しています。東京の中心部にありながら、訪れる人ひとりひとりの時間がゆったりと流れるように、東京のゲートとして、機能するように、街の魅力と共存することを目的に、開放的な場所を選びました。ホテルを通して、ゲストと街との間にある境界という扉をひらくことができればと願っています。外観デザインは「水辺」と「柳」をイメージしてデザインしており晴海通りからテラスの賑わいがこぼれだすよう設計しています。

・デザイナー
インテリアデザイン:ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・インターナショナル・リミテッド
建築、インテリア、マスタープランニング及び戦略的コンサルデザイン事務所。ザ・ゲートホテル東京では「華と粋」をテーマに、街との一体感がある開放的で華やかなインテリアデザインを通じて、心に残る特別なひと時を過ごして頂けるよう演出。
パブリックスペースデザイン:渡邊 雄大
客室デザイン:黒川 梨江

ロゴ・グラフィック
グラフィックデザイナー。日常生活の商品デザインから教育番組や展覧会のディレクションなど多岐にわたって活動。「門」モチーフに、ホテルの上質なホスピタリティを表現したゲートホテルのシンボルマークを製作。「Anchor Tokyo」は宿泊のお客様だけではなく、地域の方々にとっても、日常や社交の拠点、地域に根ざした場所(=錨、Anchor)でありたいと願っている。

●館内構成
ホテルの館内には164室の客室に加え、天井が高く、窓に囲まれた開放的感のあるロビーラウンジやレストランがあります。街の賑わいを感じるロビーテラスでは、昼夜の銀座・数寄屋橋を楽しむことができます。
パブリックエリアのアートは”銀座花通り”をテーマに、”銀座”という街の歴史に対する憧憬と、今”未来”に向かう銀座の輝きを表現しています。1階エントランスは、銀座にちなみ、銀箔を用いて”銀座の華”を表現しています。

・ロビーラウンジ、ロビーテラス
天井の高い4Fのロビーテラスでは、銀座のきらめきを交錯させ花々を散りばめた「さくら吹雪」のアートがお客様を華やかにお迎えします。銀座・晴海通りに面したテラスでは、ゆったりとした空間から街並みをお楽しみいただけます。

※詳細はHPにてご確認ください。

・レストラン
レストランは直営で2店舗運営します。4階には、朝食、ランチ、ディナーまで利用できる西洋料理をベースにしたオールデイダイニング「Anchor Tokyo」があり、豊富なワインと料理のマリアージュをお楽しみいただけます。テーブル席やカウンター席、テラス席とシーンに合わせた思い思いの時間を過ごすことのできるレストランです。シャンパンの泡を花のように揺らめかせたアートが幸せな気持ちにしてくれます。また、最上階の13階には個室の鉄板焼レストラン「鉄板焼 やすま」があり、厳選した和牛や魚介類を、素材の持ち味を生かして焼き上げます。上質なくつろぎに満ちたプライベートな空間で、特別な時間をご堪能ください。個室からは、銀座、有楽町の眺めもお愉しみいただけます。

※詳細はHPにてご確認ください。

・客室
“秘すれば花”をテーマに、銀座の粋、艶やかさを表現した6タイプの客室をご用意しており、主力客室は「Classy(クラッシー)」(34-36㎡)と「Luxe(リュクス)」(42-52㎡)です。「クラッシー」は2つの洗面台やハリウッドミラーを設置した豊かな水周り、窓辺にソファーなどを配置し、ゆとりある空間となっています。晴海通りに面したコーナールームの「リュクス」は、大きな窓から有楽町や丸の内方面の景色、数寄屋橋の交差点を眼下に眺めることができます。その他、vitra社製の昇降デスクを配した「Modest(モデスト)」、最上階には天蓋付きベッドの「Canopy(キャノピー)」、スイートタイプの「THEGATE(ザ・ゲート)」など、滞在の目的にあわせて様々なタイプのお部屋もお選びいただけます。THE GATEでは、13階から汐留方面を一望てわきることに加え、テラスにはジャグジーも設置しています。シモンズ製のマットレスを導入し、ネスプレッソのコーヒーマシン、ハンスグローエ社製のシャワー、M’ssystemのオリジナルスピーカー、客室TVにはミラーリング機能があります。

※詳細はHPにてご確認ください。

・プレミアムラウンジ
銀座エリアを一望できる開放的な特別な空間でお気に入りのドリンクと共に極上の時間をお過ごしください。THE GATE、Luxe、Canopyにご宿泊の方専用の特別な空間です。

・フィットネス
日比谷側が一望できるフィットネスラウンジで、トレッドミル、バイク、クロストレーナーをご用意してます。

※詳細はHPにてご確認ください。

概要
・所在地:東京都千代田区有楽町2-2-3
・交通:東京メトロ銀座駅「C1」出口徒歩1分東京メトロ日比谷駅「A1」出口徒歩1分JR有楽町駅「銀座口」徒歩3分東京メトロ有楽町駅「D7」出口徒歩3分
・敷地面積/延床面積:1,530.73㎡/9,100㎡(ホテル部分)
・構造:地上13階、地下2階、塔屋2階(内ホテル4階-13階)
・施設構成(予定)客室164室(全6タイプ)(シングル・ダブル・ツイン・スイート他)レストラン、ロビーテラス、フィットネス、ルーフトップテラス他
・HP:https://www.gate-hotel.jp/tokyo/?ja

Photo by tokyo wolves

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

日本発信Project for China

THE SELECTION GALLARY

勝手に広告コンテストVol2

オフィシャルムービー

日中親善美人大使コンテスト

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. INTERSECT BY LEXUS - TOKYO(以下INTERSECT)は、12月5日(水)よ…
  2. LEXUSはアーティスト・尾崎ヒロミ(スプツニ子!)氏とファッションデザイナー・串野真也氏による新た…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
PAGE TOP