ヴーヴ・クリコが初めての世界巡回企画展を、日本皮切りに開催!『Veuve Clicquot Solaire Culture~太陽のように輝く250年の軌跡~』

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の取扱いブランド ヴーヴ・クリコは2022年、創業250周年を迎えます。1772年の創業以来、ヴーヴ・クリコが築き上げてきた太陽のような輝きを放つソレール カルチャーを表現する世界巡回企画展『Veuve Clicquot Solaire Culture(ヴーヴ・クリコ ソレール カルチャー)~太陽のように輝く250年の軌跡~』を、今後巡回予定の世界4カ国(アメリカ・オーストラリア・南アフリカ共和国・イギリス)に先駆け2022年6月16日(木)~7月10日(日)の25日間にわたり、jing(ジング/東京都渋谷区)にて世界初開催します。

「ソレール=太陽のように輝くブランド」として、その象徴的な“イエロー”カラーを通し、人々に「夢」「希望」「喜び」に溢れた美しいライフスタイルと体験をお届けするヴーヴ・クリコ。本企画展では、シャンパーニュ地方でも極めて貴重な約2,000点以上のオブジェと総距離1kmにも及ぶヘリテッジのアーカイブを誇るヴーヴ・クリコの250年に及ぶ歴史に光を当て、その歴史的遺産、サヴォアフェール(ノウハウ)、文化的軌跡に触れ、さらに五感を通じた没入型の体験を楽しむことができます。

フランス人のキュレーター カミーユ・モリノー(Camille Morineau)氏、そして同じくフランス人のデザイナーのコンスタンス・ギセ( Constance Guisset )氏により指揮された、2世紀半にわたるヴーヴ・クリコの文化的軌跡を巡る体験は、創造性、希望に満ちた楽観的精神、革新的精神に彩られ、この企画展のために特別に制作された数々の現代美術作品を通して現代へと導かれます。

会場内では、未来を切り開く勇気と個性、そして革新の精神を持ち、「ラ・グランダム=シャンパーニュ地方の偉大なる女性」と称えられたマダム・クリコの軌跡を辿る貴重な資料を展示します。マダム・クリコによる直筆署名入りの手紙を含む20点の歴史的な資料や1841年にマダム・クリコ本人が造ったとされるヴーヴ・クリコのボトル(後に19世紀、バルト海に眠る難破船にて発見)など、ヴーヴ・クリコの最も優れた歴史遺産への扉が初めて開かれます。また、シャンパーニュ地方におけるワイン醸造の伝統を、メゾンの卓越したノウハウを通して探求するほか、象徴的なオブジェ、文学、映画を通してその文化の軌跡を辿ります。さらに、ヴーヴ・クリコのイエローラベルやローズラベルをグラスから、フードペアリングとともにご堪能いただけるレストランや、ヴーヴ・クリコがこれまでに発売し世界的好評を博したアイコン的商品をよりモダンによりサスティナブルにリバイブした250周年を祝う数量限定企画商品も、併設されるブティックに登場します。

企画展には、大胆かつ革新的な10名の著名女性アーティストたちが一堂に会し、ヴーヴ・クリコの伝統を現代的に再解釈。日本の現代アートの巨匠、草間彌生氏や漫画家の安野モヨコ氏を始め、それぞれのアーティストがマダム・クリコそして彼女のシャンパーニュにおける革新的発明、あるいは太陽の感動的なパワーにインスパイアされたオリジナル作品をお届けします。

「この世界巡回企画展は、ヴーヴ・クリコにとって前例のないイベントであり、大きな夢を持ち、常に革新し続けるという我々のブランド精神を体現するものです。メゾンの重要な市場である日本を皮切りに、シャンパーニュ メゾンのノウハウ、マダム・クリコの人生、草間彌生氏などのアーティストが20世紀にヴーヴ・クリコのために制作した多くの作品に光を当てています。」
-ジャン・マルク・ギャロ、ヴーヴ・クリコ社長兼CEO

◆世界巡回企画展 概要◆
■名称:
『Veuve Clicquot Solaire Culture(ヴーヴ・クリコ ソレール カルチャー)~太陽のように輝く250年の軌跡~』
■日程:
6月16日(木)~7月10日(日)
■会場:
jing (ジング)(東京都渋谷区神宮前6丁目35−6)
■営業時間:
11:00~21:00 月曜日~日曜日 無休
(最終入場時間:20:00)
レストラン 11:00~21:00(L.O 20:30)
■入場料:
無料(入場は20歳以上可能)
※レストラン、ブティックのみ物販あり
■事前予約:
ヴーヴ・クリコ公式LINEアカウントから事前予約受付
※予約受付開始予定:5月16日(月)
詳細はヴーヴ・クリコLINE公式アカウントにてご案内します。

◆コンテンツ 概要◆
■100%女性による企画展
マダム・クリコの偉業と革新的精神に敬意を表し、現代アートの巨匠、草間彌生氏や漫画家の安野モヨコ氏などをはじめとした、世界各国の女性トップクリエーターが一同に集結し、創り上げられる稀有なる企画展となります。それぞれのアーティストがマダム・クリコそして彼女のシャンパーニュにおける革新的発明、あるいは太陽の感動的なパワーにインスパイアされたオリジナル作品をお届けします。

「カミーユ・モリノーとコンスタンス・ギセの指揮のもと、国際的に著名な女性アーティストが一堂に会し、100%女性によって創り上げられた企画展を開催することを大変誇りに思います。マダム・クリコは私たちにビジョンを示してくれました。今日に受け継がれる彼女の精神に導かれ、ヴーヴ・クリコ メゾンは未来を切り拓く大胆で創造的な女性を継続的にサポートすることを約束します。」
⁻キャロル・ビルデ、ヴーヴ・クリコ チーフ・マーケティング&コミュニケーション・オフィサー

■ソレール カルチャー ~太陽のように輝く250年の軌跡~ を体験する企画展
カミーユ・モリノー氏、コンスタンス・ギセ氏監修のもと、大胆で革新的な10名の世界的に著名な女性アーティストが集結。まず、マダム・クリコに焦点を当てた空間から体験の旅が始まります。草間彌生氏、イネス・ロンジュヴィアル(Inès Longevial)氏、ロージー・マクギネス(Rosie McGuinness)氏、シシ・フィリップス(Cece Philips)氏、安野モヨコ氏、ペネロペ・バジュー(Pénélope Bagieu)氏、オリンピア・ザニョーリ(Olimpia Zagnoli)氏が、貴重な歴史的遺産と芸術的な解釈を通して、マダム・クリコの人生と彼女のシャンパーニュにおける革新の数々を紹介します。
次に、250年にわたるヴーヴ・クリコのデザイン性と革新性の軌跡を、歴史的なラベルや、20世紀から21世紀にかけてヴーヴ・クリコのために制作された多くの芸術作品を通し、垣間見ることができます。草間彌生氏による「夜の闇に咲く私の心」やアンドレ・プットマン(Andrée Putman)氏の「リドリングテーブル(動瓶台)」などがあります。
さらに進むと、ヴーヴ・クリコのブドウ畑と、ランスのクレイエール 白亜質土壌からなる地下セラーの質感を感じられる空間へと誘われます。ヴーヴ・クリコ メゾンの素晴らしい生まれ故郷とそのノウハウに触れることができるほか、映像を通じてヴーヴ・クリコの比類なきスタイルを生み出すシャンパーニュ醸造の秘密が明かされます。
2階では、ヴーヴ・クリコのソレール カルチャーが更に輝きを放つ、各種体験型スペースをご用意します。ヴーヴ・クリコの、太陽のように輝くイエローの光、色調、力強さを感じて頂けるよう、アーティスティックなインスタレーションが登場。シェイラ・ヒックス(Sheila Hicks)氏は糸と黄色の布で作品を作り、モニーク・フリードマン(Monique Frydman)氏は見るだけでなく3次元で体験できる絵画を制作し、タシータ・ディーン(Tacita Dean)氏はアナログフィルムで光を表現しています。
体験の旅の最後には、ヴーヴ・クリコのイエローラベルやローズラベル等とともに、レストランJULIA(ジュリア)のnaoシェフがヴーヴ・クリコのシャンパーニュに合わせて考案したペアリングフードもお楽しみいただけるレストランで、お客様をお迎えします。

【マダム・クリコ、現代女性のロールモデル】
1805年、未亡人となったマダム・クリコはメゾンを継承し、近代における最初のビジネスウーマンの一人となりました。当時の女性の壁を破り、彼女は「ラ・グランダム・ド・ラ・シャンパーニュ(シャンパーニュ地方の偉大なる女性)」と呼ばれるようになりました。彼女の自由で大胆な精神、希望に満ちた楽観的精神は今日に受け継がれ、世界中に「ソレール カルチャー」を発信し続けています。困難な時代にあっても、彼女は自信を持って未来を見つめ、逆境に負けずシャンパーニュにおいて数々の革命をもたらしました。「完璧を求めるために、一度に2つのステップを踏むことができるのなら、なぜ1つだけで満足する必要があるのか?」
ヴーヴ・クリコ メゾンは今日も、マダム・クリコが築き上げた遺産を継承しながら創造性、革新性、そして大胆で自由な発想を持つ個性豊かな人々に囲まれ、太陽のような輝きを放ち続けています。

【ヴーヴ・クリコについて】
1772年にフランスのランスで創業して以来、シャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコは、人々の生活に大胆な彩りを与えてきました。
ヴーヴ・クリコは、シャンパーニュカテゴリーを超えた「ラグジュアリーブランド」として、人々に夢と希望、そして美しいライフスタイルを提供し続けることをブランドのミッションとしています。「ソレール=太陽のように輝くブランド」として、その象徴的な“イエロー” カラーを通し、人々に「夢」「希望」「喜び」に溢れた美しいライフスタイルと体験をお届けします。大胆さと革新的な感性をもち、シャンパーニュ地方の「偉大なる女性(ラ・グランダム)」として知られたマダム・クリコがメゾン経営を引き継いだのは1805年のことでした。まもなく、商才を遺憾なく発揮してメゾンの礎を築いたマダム・クリコは、まだまだ女性がビジネスに進出することの少なかった時代に、初期のキャリアウーマンとも言うべき存在となりました。マダム・クリコの情熱、ビジョン、そして内からあふれでるフランスならではのアール ド ヴィーヴルは、今日まで、彼女の名前を冠するメゾンの中に生き続けています。ヴーヴ・クリコは、アイコニックなイエローラベルをはじめとする卓越したシャンパーニュと、世界中の楽しい体験を通して、人々に喜びを届けます。
http://www.veuveclicquot.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translate:

占い

ECグルメモール『食む好き』

2022YACコンテンツアワード

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

TSM member

ビジネス・中国事情の今を知る

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. 「焼肉酒場 牛恋」運営グループは、『牛恋(うしこい)』10周年を記念し、2022年5月23日(月)よ…
  2. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社は2022年5月25日(水)発売予定の限定商品「アードベッ…
  3. アパレル特化型の転職支援事業とアパレルECアカデミーを展開する株式会社フォーピープルが運営するFas…
PAGE TOP
Translate »