英国が誇る高品質な食材・飲料を五感で楽しむ『Food is GREAT ギャラリー』レポート

駐日英国大使館と英国環境・食糧・農村地域省は、10月13日(日)~14日(月・祝)の2日間、駐日英国大使館にて、英国産の食材・飲料を五感で楽しめる『Food is GREAT ギャラリー』を期間限定で開催しました。

英国政府は、訪英観光客、留学生、そしてビジネスの機会の増加を目的に、2011年から同国の魅力を世界へ発信する『GREAT』キャンペーンを展開し、世界各国で様々な取り組みを行ってきました。『GREAT』キャンペーンのうち、Defraと英国国際通商省(Department for International Trade)が英国の食産業の発展と、輸出の拡大を目的として行っているプロモーション『Food is GREAT』キャンペーンの一環として開催。なお、『Food is GREAT』キャンペーンは日本では2013年から展開しており、今年4月の大阪開催に続き、2回目の開催となりました。

今回は3都市で展開し、9月21日(土)~23日(月・祝)には札幌、9月28日(土)~30日(月)には神戸で開催され、多くの来場者で賑わいました。来場者は英国が誇る高品質の食材を使用したフィンガーフード3種(英国産ビーフ、ウェールズ産ラム、スコットランド産サーモンをそれぞれ使用したもの)とドリンク3種(イングリッシュ・スパークリングワイン、クラフトジン、ウィスキー)の中から、それぞれ1種類ずつ選び、無料でペアリングを堪能できました。

また、会場内には、英国の新しい美味しさを五感で楽しめる、本ギャラリーでしか体験できない個性的なディスプレイを展開。

注目ポイント
・今年1月、23年ぶりに日本向けの輸出が解禁された安心で栄養価の高い英国産ビーフ
・今年日本向けの輸出が初めて解禁された世界で定評のあるウェールズ産ラム
・18世紀まで遡る長い歴史と輸出量世界一を誇る、国際的にも高評価の英国のクラフトジン
・世界のアワードで次々と賞を獲得し、国際市場の評価が高いイングリッシュ・スパークリングワイン

【提供食材・飲料】

British Beef英国産ビーフ / Welsh Lamb ウェールズ産ラム

画像はイメージです。

現在、英国産ビーフとウェールズ産ラムは世界90ヶ国以上で親しまれています。2019年1月、23年ぶりに英国産ビーフの日本向けの輸出が解禁され、英国産 ラムの日本への輸出も初めて認められました。2012年に英国政府と日本政府との間で輸出再開に向けて交渉が本格的に開始されてから、英国政府は食品 安全管理や動物福祉など多岐にわたる分野において、情報を日本政府へ提出し、さらに日本政府による英国での現地調査も行われました。英国産ビーフは、牧草飼育によりストレスフリーで育てられ、さらにホルモン剤を使用していないため、安心で栄養価が高いことが特長です。

画像はイメージです。

ウェールズ産ラムの生産の歴史は数千年にわたって育まれてきました。極上のラムの生産の鍵となるのは、ウェールズの温暖な気候、ミネラルを豊富に含む土壌、豊かな自然環境。世界でも有数の手つかずの大自然の中、1年中豊かに茂っている自然の草地の中で、繁殖してきました。ウェールズのラムは、世界で定評のある伝説的な商品で、素晴らしい色合いと、ほろ甘く、ジューシーな味わいを持ち、比類のない高品質を誇ります。

Scottish Salmon スコットランド産サーモン
スコットランド産サーモンは3年かけてじっくり育てた鮮度・品質に特にこだわったサーモンです。他国の養殖サーモンは2年が主流の中、スコットランド産サーモンは3年かける事で、身の締まり、香り、色味などが一段とアップしているのが 特長。近年日本でも人気が高まり、昨年は、800トン、約7.5億以上が日本国内で消費されました。

English Sparkling Wine イングリッシュ・スパークリングワイン


近年、英国では空前のワインブーム。160以上のワイナリーが、世界のアワードで賞を獲得する世界トップクラスのワインを生産しています。丁寧に手摘みされた ブドウから生産されるワインは、国際市場でも評価が高く、2018年には『インター ナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション』において、最も名誉のある『ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー』を受賞しました。今後、生産量の更なる増加・ 品質の向上が期待され、英国は今や業界で最も注目されるワイン生産国となっています。

Craft Gin クラフトジン


世界中で注目が高まっている英国産のクラフトジン。英国はジンの輸出量世界一を誇り、2017年の輸出量は5億ポンド 以上。英国におけるクラフトジンの歴史は長く、その始まりは18世紀まで遡ります。2018年には『ワールド・ジン・アワード』で、英国産クラフトジンが数々のカテゴリーで1位を獲得しました。

Whisky ウィスキー


スコットランドにはウィスキー醸造所が128以上あり、世界200の市場に輸出しています。これは、1秒間あたり41本が 輸出されている計算になります。2018年『ワールド・ウィスキー・アワード』では、世界で最も流通しているスコッチウィスキーのひとつジョニー・ウォーカーがブレンデッド・ウィスキー部門で最優秀賞を受賞しました。ウィスキーの醸造は、イングランド、ウェールズ、北アイルランドでも盛んな産業のひとつです。

ラグビーワールドカップ・スコットランド戦で盛り上がる中、英国の最新の食事情を知ることのできる、またとない機会になりました。

クラフトジンやスコッチウィスキー、イングリッシュ・スパークリングワインなど美味しいお酒がたくさんあるので、ペアリングに是非とも英国産の美味しいおつまみを合わせて、英国気分を味わってみて下さい。

Photo by tokyo wolves

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

勝手に広告コンテストVOL3

日中YAインフルエンサーコンテスト

THE SELECTION GALLARY

オフィシャルムービー

日本発信Project for China

THE SELECTION MATCH

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ

NEW

  1. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)は、2019年11月1日より、…
  2. ヴィヴィアン・ウエストウッドのアイコニックなハンドバッグ“ヤスミン”をティーカップサイズにモダナイズ…
  3. 世界で最も愛されるシャンパン モエ・エ・シャンドンを代表する「モエ アンペリアル」は今年、その誕生 …
PAGE TOP