メズム東京、オートグラフ コレクションで劇団四季『オペラ座の怪人』のランチ&ディナープログラムを販売開始!!

山手線で一番東京湾に近く、都会では中々味わえない解放感が特徴の『ウォーターズ竹芝』のタワー棟内に開業した、東京の“今”の躍動感や波長と共鳴し、五感を魅了する数々のこだわりでお客さまをお迎えするホテル『メズム東京、オートグラフ コレクション』は、隣接する JR東日本四季劇場[秋]にて上演中の劇団四季の人気ミュージカル『オペラ座の怪人』の世界をイメージし、劇中シーンを独創的に再現した『オペラ座の怪人』ランチ&ディナープログラムを、ホテル16階のフレンチレストラン「シェフズ・シアター」にて、2021年9月13日(月)~2022年1月10日(月)の期間限定で2021年9月6日(月)より販売開始します。


オペラ座の地下に棲む怪人の歌姫クリスティーヌへの悲恋を美しく厳かに描いた劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』。「クリスティーヌの楽屋」をテーマに特別に作成したコンセプトルームの販売に引き続き、コラボレーション第二弾となる『オペラ座の怪人』
ランチ&ディナープログラムは、ランチが舞台の第一幕、ディナーが第二幕の2部構成となっています。ランチプログラムでは、物語の幕開けを告げるオークションシーンから、嫉妬に狂った怪人がシャンデリアを舞台に突き落とす衝撃的な事件までの第一幕を、ディナープログラムでは、忌まわしい事件から半年が経った大晦日の華やかな仮面舞踏会のシーンから、哀しくも美しい物語の結末までの第二幕を、ビストロノミースタイルのフレンチで表現しました。一品一品が、劇中の豪華絢爛な舞台美術やドラマティックに展開する物語のワンシーンを彷彿とさせ、素材の旨味と総料理長・隈元香己の技が詰まったお料理の数々を、アンドリュー・ロイド=ウェバーの名曲をはじめとした『オペラ座の怪人』をテーマにした楽曲のセレクションとともに楽しめます。
劇団四季とメズム東京のコラボレーションだからこそ実現した、五感に響く愛の物語に魅了される特別なひとときをお過ごしください。

『オペラ座の怪人』 ランチプログラム ~ 第一幕 ~

≪アミューズブッシュ: Memories Come Back -蘇る記憶-≫
【舞台上のシーン】
1905 年のパリ・オペラ座。舞台上では劇場の所有物がオークションにかけられています。出品されたシャンデリアのヴェールが取り払われたその時、突如まばゆく輝き出し、荘厳の音楽と共に『オペラ座の怪人』の物語が幕を開けます。


【料理】
バニラの風味を付けたオマールや、百合根と根セロリのサラダをカクテルグラスに盛り込み、その上に百合根のムースを乗せました。オマール海老のコンソメジュレで黄金色に輝くシャンデリアの光を表現しています。

≪前菜: Hannibal -歌劇ハンニバル-≫
【舞台上のシーン】
新作オペラ『ハンニバル』の舞台稽古中、「オペラ座の怪人」の仕業と思われる謎めいた出来事が起こります。支配人たちの無策ぶりに腹を立てたプリマ・ドンナのカルロッタは、役を降りてしまいます。


【料理】
脂がのった信州サーモンを塩・砂糖でマリネしオリーブオイルでコンフィした一品です。周囲に添えられた色とりどりの季節野菜と共に、華やかな「ハンニバル」の舞台稽古シーンを表現しています。白ワイン、ブドウジュース、シャルドネヴィネガーと、“ハーブの女王”ベルベーヌオイル(別名レモンバーベナ)が織りなすソースと共にお楽しみください。

≪肉料理: Angel of Music -音楽の天使-≫ ※肉料理or魚料理のどちらか一品をチョイス
【舞台上のシーン】
コーラスガールのクリスティーヌは、急遽抜擢されたプリマ・ドンナの代役を、亡き父の贈り物である「音楽の天使」にレッスンを受けたという見事な歌唱力で演じ、喝采を浴びます。観劇に来ていた幼なじみのラウル・シャニュイ子爵が舞台後のクリスティーヌの楽屋を訪れ、二人は運命的な再会を果たすのでした。


【料理】
物語がドラマティックに展開していく契機となるクリスティーヌの楽屋をイメージした一皿です。ジューシーな仔羊のローストと、ヘーゼルナッツ風味のクルート焼きに、仔羊のジュにゴルゴンゾーラで風味付けしたソースを添えています。小玉葱や銀杏、キノコなどの秋の食材(※)やアンディーブに木苺の色とフレーバーを付けて乾燥させ、楽屋の雰囲気を演出しています。仮面を模したさりげない装飾が、「オペラ座の怪人」の登場を予感させます。※食材は季節によって変わります。

≪魚料理: The Phantom of the Opera -オペラ座の怪人-≫ ※肉料理or魚料理のどちらか一品をチョイス
【舞台上のシーン】
クリスティーヌの隠れた才能を見初めて密かに歌のレッスンをしていた「オペラ座の怪人」は、彼女の楽屋の鏡の中に現れると地底深くの隠れ家へいざないます。ミュージカルを象徴するアンドリュー・ロイド=ウェバーの荘厳なメロディーとともに、神秘的な地底湖にはクリスティーヌの歌声がこだまします。


【料理】
二人を乗せ湖を移動するボートを白身魚のすり身を調理したフランスの郷土料理「クネル」で表現し、ボートのオールを薄くスライスしたイカ墨パンにタップナード(南仏のオリーブ、アンチョビ、ケッパーを使用した薬味)を挟み焼きにして表現しました。濃厚なムール貝のジュを使用した軽いタッチのクリームソースをたっぷりと絡めてお召し上がりください。

≪デザート: Phantom’s Indignation -ファントムの怒り-≫
【舞台上のシーン】
ラウルとクリスティーヌの親密な関係に深い哀しみと絶望を感じる怪人。自身の想いを裏切ったクリスティーヌに怒りを爆発させた怪人は、公演中の舞台にシャンデリアを突き落とすのでした。


【料理】
濃厚で甘いマロンクリームや程良い酸味のヨーグルトパルフェ、甘酸っぱいカシスソースでオペラ座のシャンデリアを表現しています。また、お皿いっぱいに敷かれたキャラメルソースの上には、ザクっとした食感も楽しめるクラッシュマロンとクラッシュキャンディーが散りばめられ、上から崩してお召し上がりいただくことで、煌びやかで美しいシャンデリアの落下の衝撃を体感できます。

『オペラ座の怪人』 ディナープログラム ~ 第二幕 ~

≪アミューズブッシュ: Masquerade -マスカレード-≫
【舞台上のシーン】
シャンデリア落下事件から半年後の大晦日、忌まわしい事件の記憶も薄れ、人々は趣向を凝らした衣裳に身を包み華やかな仮面舞踏会に興じていました。密かにラウルと婚約したクリスティーヌも幸せそうに踊っていましたが、そこへ突然怪人が現れ、自作のオペラ『ドン・ファンの勝利』の楽譜を突きつけて、上演を迫ります。


【料理】
リンゴゼリーでコーティングしたリッチでコクのあるブリアサヴァランのボンボン、緑鮮やかなレムラードソースと信州サーモンのマリネ、アナゴにパートカダイフをまとわせて包み揚げしたサクサクとした食感の穴子のフリット、食用ほおずきに薄い飴をまとわせた、ほおずきのキャラメリゼといった個性豊かな全4品(※)を、劇中の印象的な大階段を模した台に並べ、華やかな仮面舞踏会のシーンを再現しました。※食材は季節によって変わります。

≪前菜: Graveyard Duel -墓場の決闘-≫
【舞台上のシーン】
『ドン・ファンの勝利』の稽古が行われる中、喧騒を離れ一人で父親が眠る墓を訪れたクリスティーヌ。墓から現れた怪人は、言葉巧みにクリスティーヌを誘い出そうとしますが、そこへ後を追ってきたラウルに阻まれ、心揺れるクリスティーヌを巡り二人は対峙します。


【料理】
怪人とラウルが墓場で対峙するシーンを表現した一皿です。フォアグラのプラッセと竹炭で色を付けたシガレットや、濃厚でとろける美味しさのフォアグラと生ハムを重ね合わせプレスした絶妙なハーモニーに、心地よい甘さと酸味が特徴のホワイトポルト酒のジュレをまとわせました。付け合わせの季節野菜とともにお楽しみください。

≪魚料理: Don Juan Triumphant -ドン・ファンの勝利-≫
【舞台上のシーン】
オペラ座では、怪人が自作したオペラ『ドン・ファンの勝利』が披露されていました。怪人を捕えるため厳戒態勢のもと、クリスティーヌは、酒場を彷彿とさせる舞台セットで情熱的なヒロインを演じます。ドン・ファン役の演者を殺害し入れ替わった怪人は、舞台上でクリスティーヌに激しい愛を告白し、再び連れ去ってしまいます。


【料理】
旬の白身魚を皮目はパリッと香ばしく焼き、身はふっくらとソテーにしました。ほうれん草などの新鮮野菜やハーブ、ツブ貝、南仏の伝統料理「ブランダード」を白身魚に乗せ、劇中に登場する酒場のワゴンと舞台の賑やかさを演出しています。劇中でクリスティーヌが手にする赤いリンゴは、トマトとレモンを合わせたコンディメントで表現しました。濃厚な渡り蟹のビスクソースを絡めてお楽しみください。

≪肉料理: Beyond the Lake -ファントムの隠れ家-≫
【舞台上のシーン】
連れ去られた恋人のクリスティーヌを追って地下の怪人の隠れ家まで行きついたラウルは、怪人の罠にかかり首にロープをかけられてしまいます。嫉妬に狂った怪人は、「俺を嫌えばこいつを殺すぞ。」とクリスティーヌを脅します。


【料理】
クリスティーヌを巡って怪人とラウルが再び対峙するシーンを表現した一皿です。程よい弾力とミネラル感が濃縮された濃いコクと深い味わいのブレス産鳩のもも肉を、黒ニンニクとドライトマトのコンディメントを巻き込みローストし、むね肉はローストしキノコ風味のクランブルを乗せ仕上げました。カシスパウダーで隠れ家を遮断する格子を、付け合わせの銀杏、キノコ、パン生地に包まれた栗のピューレなどの秋の食材(※)で隠れ家の装飾を表現しました。鳩のジュと赤ワインがベースの特製ソースと共に、豊潤な香りをお楽しみいただけます。※食材は季節によって変わります。

≪デザート:The End of Love -愛の結末-≫
【舞台上のシーン】
怪人から究極の選択を迫られたクリスティーヌは、怪人の醜く歪んだ顔を見つめ、意を決して彼に近づいていき――。


【料理】
怪人の仮面をグラスロワイヤルで表現しました。その下には、口の中で溶ける上品なフロマージュブランのムース、中には、鮮やかなワインレッドで爽やかな味わいの桃「ペッシュ・ド・ヴィーニュ」のコンポートが挟まれています。ローズ風味のソルベに鮮やかなほうれん草のソースを添え、薔薇の花を表現しています。哀しくも美しい愛の物語の結末を感じる一皿です。

それぞれの料理にあうワインやモクレルのペアリングもご用意。スタイリングやヨウジヤマモト社の「Y’s BANG ON!とのコラボレーションしたユニフォームを身に纏ったタレント(ホテルスタッフ)からは東京モードを感じられて、五感を刺激します。

シャンデリアや小舟のシーンなど『オペラ座の怪人』が見事に食で表現され、本格的なフレンチを堪能することができました。劇団四季のミュージカルと共にぜひともお楽しみください。

※写真は「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」とは別会場で撮影しています。

≪『オペラ座の怪人』ランチ&ディナープログラムの概要≫

提供期間:2021年9月13日(月)~2022年1月10日(月) ※除外日:12月22日(水)~26日(日)
営業時間:ランチ 11:30~15:00 (L.O. 14:00) / ディナー 17:00~23:00(L.O. 22:00)
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、緊急事態宣言解除までの当面の間は、一部施設につきまして、営業時間および営業内容を変更しています。詳しくは公式ウェブサイトをご確認ください。
場所:メズム東京、オートグラフ コレクション 16階レストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」
コース料理料金(※):ランチ 5,700 円 / ディナー 11,400 円 ※消費税・15%のサービス料込み
ペアリング料金(※):ランチ ワイン(3 杯)3,600 円 / モクテル(3 杯)1,980 円、ディナー ワイン(5 杯)6,400 円 / モクテル(4 杯)2,640 円 ※消費税・15%のサービス料込み
ご予約・お問い合わせ:https://www.mesm.jp/restaurant/chefs_theatre.html
電話:03-5777-1111(代表) / メール:reservation@mesm.jp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Translate:

占い

NEW

  1. ニューヨークのメトロポリタン美術館(以下MET)で毎年5月の第一月曜日に開かれるファッションの祭典、…
  2. 「焼⾁酒場 ⽜恋」運営グループは、『⽜恋(うしこい)』9店舗⽬となる店舗を、東京・渋⾕にオープンしま…
  3. ステラタロットで占う今週の運勢(9/13~9/19)こんにちは。ステラ薫子です。13日の月曜…

TSM member

インフルエンサー発掘コンテスト

クリエーター発掘コンテスト

オフィシャルムービー

参加可能なイベント情報

ビジネス・中国事情の今を知る

日本発信Project for China

ファッション / アートのアーティストとPR担当者の為の発信・発掘Facebookコミュニティ
PAGE TOP
Translate »